専門性の強調

器用貧乏よりオタク

2004年11月22日

おとといの日記にも書いた通り、本家の映画コーナーを別サイトに分離しようと思っている。今ならまだ150話だから、1ヶ月もあればできるだろう。

しかし、新しいドメインを取得して高機能サーバーを借りるかどうかで迷ってしまった。テキスト主体だから大してデータ量がないのだ。現状だとプロバイダーの無料ホームページスペースでも間に合ってしまう。

『どうせ金をかけるなら、もっとイイモノを作りたいぞ!』

ということで、今回は「釣り・旅行・スポーツ」と「映画・スポーツ以外のコラム」の2サイトに分けようと思いはじめた。「ジャンルを絞りたくない」というのが本音だが、内容が雑多だと検索エンジン対策上良くないのである。

すでに「○○のホームページ」みたいな「内容が雑多なページ」は流行らなくなりつつある。そういうのは、手間もお金もかからないポータルサイトのブログに置き換わっているのだ。だから、個人のページが生き残るためには専門性を高めなければならない。

ここで自分が、どのようにインターネットを利用しているかを思い描いてみよう。

どうすればアクセス向上できる?

これらのことを踏まえて、サイトマップを先に作ってみるつもりだ。 こういうことは、長年ページを書いてないとわからない。最初はとりあえず毎日書くことが大事だが、内容が充実してきたら1話1話の関連性を強調した方がベターなのだ。

オタクなら「ある一分野」しか書けないからそれでいい。「多芸は無芸」とか「器用貧乏」って言葉があるでしょ。みんながブログを書くようになると、器用な人よりオタクの方が力を持つようになるんだ。