あるある小事件

ブログの新形式

2004年12月9日

きのうの新聞によると、日本の学生はドンドン読解力が低下しているそうです。アタシはこれまで、毎日1200字程度のコラムを書いてきましたが、それでもやや長すぎるのでしょう。どうも若年層にはウケないようです。

最近は長文読解が苦手な人が多くなっています。『ならば、短いのも書いてみようじゃないか』・・・そう思い立って「たった三行の笑い話」を作ることにしました。タイトルは【あるある小事件】。それでは早速いってみましょう。

鳥居

鳥居のステッカーをリアウィンドーいっぱいに貼っている車を見たとき。

『どこの神社だろう、交通安全のお守りかな?』と思っていたら・・・

「あゆ」のマークだった。

complete clip box

USB

熟年者にパソコンを教えているとき。

USBと何度教えても・・・

「その『USA』ってヤツは何かい?」と言われる。

国旗/アメリカ あるあるあるある。

紳助

【行列のできる法律相談所】を見ていたとき。

『最近この番組、面白いな』と思ったら・・・

「島田紳助」が謹慎中だった。

松紳 ( 著者: 松本人志 / 島田紳助 | 出版社: ワニブックス )

新しいケータイ

新しいケータイを買ったとき。

こっそりパンチラ写真を撮ろうとしたら・・・

「ハイ、チーズ パシャッ!」

W21K新規ご契約

ブログ

ブログを書きはじめたとき。

トラックは後ろが見えないからアブナイと思い・・・

「トラックバック」を禁止にしていた。

佐川急便トラック ミニカー

義理チョコ

得意先の社長がバレンタインデーに義理チョコをプレゼントされたとき。

「これは高いヤツだよね。ほぉー、モゾロフか」と言ったら・・・

「しゃちょー、まがい物みたいに言わないでくださいよー」と言われていた。

モロゾフ ピアリッジ

啄木

石川君が釣りに行ったとき。

釣り場に着いてから「タックル・ボックス」を忘れたのに気付いて・・・

たわけ者 クーラー背負ひて そのあまり かろきに泣きて 三歩あゆまず

【楽天ブックス】新編石川啄木

オレオレ

家に電話をかけたとき。

「オレだよ、オレ!」と言ったら・・・

「とうとう来たわね」と言われた。

イブニングプリマローズ オレオレジン

毛はえ薬

パソコン教師をしていたとき。

「ロゲインって何?」と訊かれたので、「毛はえ薬ですよ」と教えたら・・・

ログインのことだった。

フィトステロール配合薬用育毛剤『黒誕彩』

このように、たった三行なら誰でもスイスイ読めます。ケータイでも読めるので、場所も時間も取りません。余計なものはほとんど切り捨てました。ブログに何を書いていいか、わからないと言う人がいますが、「ツマラナイ日記を書くぐらいなら、毎日三行で済ませた方がマシ」とアタシは言いたい。その方がよっぽど高度なテクニックを必要とするので「書く力」と「ユーモア」が身につきます。

マス釣り場

カナダ人の友達を連れて「マス釣り場」へ行ったとき。

「魚は10時に来る」と言ったら・・・

変な顔をされた。

ニジマス一匹

つまようじ

ローソンのお弁当を食べようとしたとき。

早く食べたくて勢いよく割り箸の袋を破ったら・・・

袋に入っていた「爪楊枝」が指に突き刺さった。

こんなに爪楊枝が刺さるたまご食べたことありますか?

追記

アメリカ在住の方から「カナダ人と釣りに行った話だけ解んなかった」というコメントをいただいたので詳しい説明をしたいと思います。

これはねー、日本の「マス釣り場」のことを知らないと、わからないギャグなのです。日本の「マス釣り場」は、自然の川を大きな岩でいくつにも仕切っているんですよ。だから行ったことがないと、このギャグがわからなくても当然なのです。

日本の「マス釣り場」は、お客さんが来ると養殖池から入場料分のマスをすくって、それをバケツに入れ、お客さんが待っている「仕切り」(自然の川の一部)へ放流して釣らせます。それが日本では当たり前・・・なんだけど、カナダ人はそれを知らないから、アタシが「魚は10時に来る」と言ったら、変な顔をしたんです。「Haan?」って。

その後、釣ったマスをバーベキューで食べながら話をしたんですけどね、そのカナダ人は「オマエの英語力は、どーしようもないと思っていたが、オマエの言ったことはホントだった。疑って悪かった」と言いました。

たった三行ですからね。詳しい説明は省かなきゃなりません。だから、『モーレツに可笑しい』と感じる人もいれば、『なんじゃこりゃ?』の人もいるでしょう。

でも、それでイーンデス。だからこそ味わい深いのです!

もう少し詳しい説明が読みたい人は、下のページから4ページ連続で読んでください。実はこの話、かなり奥が深いんですよ

ハッとしたあのことば(管理釣り場の話)

それから「つまようじ」もアメリカ在住の方にはわからないかもしれません。これは今や日本の常識です。コンビニで渡される割り箸の袋に「つまようじ」が入っているんですね。それを知らないで勢いよく割り箸の袋を破ったら、中に入っていた爪楊枝が指に突き刺さって出血してしまいました。(一瞬「行列のできる法律相談所」へ駆け込んでやろうかと思った)

いや、これは作り話じゃありませんよ。本当にあったことなんです。だから、「あるあるあるある」という言葉が出てきたわけ。もちろん、実話じゃない思いつきもありますがね。「ハイ、チーズ パシャッ!」を実話だと思われると心外なんだよなー。