イラスティーガール最高!

Mr.インクレディブル

2004年12月10日

きのうは【Mr.インクレディブル】を観ました。感想は「面白かった」と言うより「素晴らしかった」の一言です。キャラクター・デザイン、景観デザイン、メカニカル・デザイン、コミカルな動き、どれを取っても最高水準で、【ファインディング・ニモ】なんか比較になりません。

『将来は実在のスターなんて、いらなくなるかも』

映画を観てそんなことを考えましたね。映画1本の出演料が10億、20億なんてスターは「お払い箱」でしょ。そんな資金を出す余裕があったら、制作会社の PIXER に投資した方が良さそうです。

【ハウルの動く城】では、途中で飽きる子供もいましたが、この映画なら飽きる間がありません。大人も満足できるし、子供も大喜び間違いなし。この冬休み一番のオススメですね。普段映画を見ない人も、年に1本ぐらいいかがでしょう? これは絶対観て損しないと思いますよ。

この映画の見どころは何かというと・・・予告編ではほとんど紹介されていない、Mr.インクレディブルの奥さん「イラスティーガール」だと思います。こんなスーパーレディーは初めて見ました。ハッキリ言ってスパイダーマンよりスゴイ!

スーパーフィギュアコレクション Mr.インクレディブル

イラスティーガール(ミセス・インクレディブル)は3人の子持ちで、今ではすっかり家庭の主婦なんです。ところが、後半やってくる危機で、隠していた能力をフルに発揮するんですねー。これは実写じゃ無理です。アニメーションだからこその面白さ。

だから観なさいっ!(オスギ調で)

ところで、もう観た人におたずねしますが、悪役のシンドロームは「くりぃむしちゅー」の有田に似てませんか? 雰囲気ソックリでしょ。アタシは字幕版を観たのですが、吹き替え版でシンドローム役をやったのは「雨上がり決死隊」の宮迫らしいですね。有田が適任だと思うけどなぁー。だってソックリなんだもん。

マジカルアクション&トーキングシンドローム

シンドローム

一応、大人には字幕版をオススメしておきましょう。アニメと言ってもキャラクターの口は完全に英語をしゃべってます。ただのクチパクじゃありません。とても表情豊かに英語をしゃべるのです。だから日本語は合いませんよ。どんなに声優が上手くてもね。

さて、最後に評価ですが・・・観た直後は A+ でしたが・・・一晩寝たら完全に現実に引き戻されてしまったので A にしておきます。観ている間は最高に楽しいひとときになりますが、やや「その場限り」という気がしました。素晴らしく面白いけど、心に残る映画ではないってことかな?