日本人の傾向

日本の特徴

2004年12月25日

きのうはクリスマスイヴだったが、うちにはカンケーない。近くにケーキ屋があるせいで、夕方ちょっと渋滞しただけだ。しかし、なんだねー、日本人ってのはどうしてこうも他国の文化をいいように解釈するんだろう? 今日は日本人の国民性格でも考えてみようか。早速思いついたことを箇条書きにしてみるぞ。

  1. 横並び意識が強く協調性を重んじる。「出る杭は打たれる」という言葉が非常に悪い意味で用いられる。最近この意識は薄れつつあるようだが、サッカーを見ていても随所に国民性が出てくる。
  2. 執念深くない。執着心が薄い。ときには潔く負けることをヨシとする傾向すらある。過去にどんな争いがあったとしても、きれいさっぱり水に流すのが得意。(これは台風の通り道に日本列島があること。地震が多いことと無関係ではないような気がする。日本に住んでいる限り天災は毎年のこと。辛いことなんかスパッと忘れないとやっていられない)
  3. 「もったいない」という倹約意識がある。ところが、与えられた予算は余さず使い切るという二面性も持っている。(どういうわけか役人だけは倹約意識がない)
  4. 造語が下手。外国語をなんでもかんでも簡単に受け入れてしまう。(22世紀には日本語が消滅するなんて話もある)
  5. 自己主張が苦手。逆に言うと「おくゆかしい」。
  6. 問題先送りは得意中の得意。「明日があるさ」と簡単に済ましてしまう。(国債ってこれから人口減るのに誰が買うのよ?)
  7. 衆愚政治に陥りがち。政治に対する関心は、先進国中最低レベル。
  8. なんでも小さくキレイに仕上げるのが得意。(家が狭いからね)
  9. 仕事が丁寧。これは国際的な信用につながった。
  10. 時間厳守!(アタシは苦手だけどね)
  11. 日本語はノーとイエスの間に、たくさんの言い回しがあり、とても英語に訳せるような言葉じゃない。だから白黒ハッキリつけるのは苦手。憲法の解釈でさえ、いくらでもある。(自衛隊とか・・・)
  12. 宗教はいいかげんの極み。カルト教団もいっぱいある。(どことは言わないが・・・)
  13. 洗脳されやすい。言い換えると確固たる自我を持ってない人間が多い。
  14. 貯蓄好きなので不況が来てもしばらくは感じない。(ジワジワ効いてくる)
  15. 「なあなあ」が許される。常識では悪いとわかっていても、会社や組織のためならエーンヤコーラ。(雪印の問題とか、いろいろあったよね)
  16. 危機管理が甘い。(いい意味で、楽観的なのだが)
  17. 「寄らば大樹の陰」という考えは次第に薄れつつあるが、未だに生きている。
  18. 共和国なのか民主国家なのか曖昧。これは世界的にも珍しいこと。
  19. 新しもの好き。商品寿命が極端に短い。(1円ケータイとか・・・)
  20. かと思うと、「水戸黄門」のような超マンネリ番組が根強い人気を誇っている。
  21. 自動販売機がたくさんある。コンビニエンスストアの数も過剰なほど。だから言葉が話せなくても買い物に困ることはない。入国管理が厳しくなければ、外国人にとっても快適な国だと言える。
  22. 会社は株主のためじゃなく、社員のためにある。
  23. 日本ほど結婚式のスタイルがメチャクチャな国はない。
  24. 日本人は「灯台もと暗し」に陥りがち。地元のことも知らないくせに、海外旅行にはまったりする。(国内旅行より海外旅行の方が安いせいもあるが)

いろいろ書いたが、「日本はこういう国だ」とひと言で言うのは難しい。宗教や政治に無関心な人が多いので多様性がある。しかも常に変化しつづけている。「日本ではベンチャー企業が育たない」という言葉があったが、今はどうだ? 楽天もソフトバンクも元はベンチャー企業だろ。それがプロ野球の球団を持つまでになった。

ホントに世の中どんどん移り変わっている。昔は絶対いなかったと思うが、今はカツ丼を食べるとき、上にのっているカツだけ先に食べて、あとからご飯を食べる子供が多くなっているらしい。

だから22世紀に日本語が消滅するかもしれないというのはホントだろう。アタシのコラムも日に日にカタカナが多くなっていくような気がする。