四枚目の男カバちゃん

ゴジラのフィギュア

2005年1月11日

今日は【ゴジラ・ファイナルウォーズ】でも観ようと思ったが、すでに午前中1回の上映になっていた。冬休みも終わったので風前の灯火だ。アタシはこのまま観ないで終わるだろう。

そこでアタシは千円カットのQBハウスに寄ることにした。「ヒロシです」にも書いたが、お犬様が1回トリミングをするお金でアタシの床屋代は5回分も出てしまうのだ。

★ヒロシです。床屋代が犬に負けるとです。

このネタはそういう意味で書いたのだが、わかってもらえただろうか? 以前は『QBハウスはお得!』という感覚しかなかったが、最近少しずつ考え方が変わってきたんだよ。それはどうしてかというと・・・

よく日記に登場するM君の家にゴンベという犬がいる。この犬は7年ほど前に迷い込んできた犬で、名無しだったから「ゴンベ」と名付けられた。(実に安易な命名法である)

アタシはそのとき「ルドルフ」を提案したが、あっさり却下された。だが、今になってみるとゴンベでよかったと思う。「ルドルフ」なんて気取った名前は全然似合わないのだ。コイツはどこからどう見ても完全無欠の雑種犬で、ルーツがわからないほどいろんな犬の特徴を併せ持っている。

ところが、そんなゴンベでも、たまにキレイになることがある。いつもは「コラッ!汚いから触るな!」と叱りつけるのだが、キレイなときはヨシヨシと頭をなでてやる。犬の床屋はトリミングというらしいが、名無しのゴンベでさえ3ヶ月に1回はトリミングに行きやがるのだ。

で、そのお値段が何と5千円! 3ヶ月に1回としても年間2万円だから、アタシはゴンベにも劣るらしい。冗談のつもりでM君のお母さんに「ゴンベに床屋代で負けちゃったよ」と言ったら何と言われたと思う?

「当たり前だよねぇー、ゴンベちゅわーん。ヨチヨチ」

ヾ(`Д´)ノ

★ヒロシです。床屋代が犬に負けるとです。

このネタは、そういう背景があって生まれたとです!

さて、床屋に行ったあとだが、『そう言えばカミソリの替え刃がなくなった』と思い、アタシはドラッグストアへ向かった。そこで手に取ったのがこれだ。

貝印 K-4 TETRA

ヴェリィ〜スウィ〜ト!

貝印 K-4 テトラ。これは今流行りの4枚刃である。『ヒゲ剃りのコマーシャルに、なぜカバちゃん?』と、みんなも思うでしょ。それは「四枚目の男」だからなんだって。

貝印グループ

「四枚目の男」と言えばカバちゃんしか思いつかないよね。でも、今回アタシがこれを買った理由は他にある。それがこれ!

ゴジラのフィギュア

ゴジラのフィギュア(おまけ)

これねー、全長6センチぐらいのミニチュアだけど、しっかり爪、目、口、背中の突起などが彩色されてるんだ。ゴジラ・ファイナルウォーズは見損ねたけど、これが手に入ったから、まあいっか。このフィギュアは、かなり精巧にできてるよ。彩色が丁寧でビックリした。

あとね、貝印製品に付いているバーコードが必要なんだけど、ゴジラファイナルウォーズ・キャンペーンで当たるゴジラサウンドダーツはなかなかイイぞ。これはエレクトリック・ダーツで、ブルズアイにヒットするとゴジラの鳴き声が出るという特注品なんだ。もし未開封でネットオークションに出したら3万円以上は間違いないだろう。当たるといいなぁー! よーし、替え刃を1年分買っちまおう。

エレクトリックダーツボード

エレクトリックダーツボード