ひとりずつ読者開拓

アバターを使いこなす

2005年1月18日

いま、「検索エンジン最適化」とはまったく違う方法で読者を掘りおこしてるんだ。それはどんな方法かというと・・・

現在このページとは別にリヴリーアルバムというページを作っている。リヴリーというのはペット型のアバターでね、それを使って日本中の人とチャットするの。そして、自分と趣味が合いそうな人を捜して、ページを見てもらうわけ。

じゃあ、アバターって何?

説明しよう。アバター(Avatar)はサンスクリット語で「分身」あるいは「化身」を意味する言語なんだ。ネット上で自分の代わりにしゃべってくれるアニメーションキャラクターだと思えばいい。リヴリーアイランドは無料ではじめるられるから、興味がある人はやってみて。こういうのは「百聞は一見に如かず」だからね。

アタシの場合、趣味がかなり広いから、何かしら相手の趣味や仕事に話を合わせられる。映画、漫画、パソコン、インターネット、野球、サッカー、スキー、釣り、文学、ジャーナリズム、医学、薬学・・・その辺の話題なら何でもゴザレ。それに日本中旅してるから地理にも詳しいでしょ。「ああ、そのお店なら行ったことある」なんて言えば、途端に話がはずむんだ。

リヴリー(ペット型のアバター)を通しているから、まずは心がなごむ。その上、いろいろ画面上で技も使える。たとえば「リンクの豆」を出したりね。(画面上に「豆」を出し、誰かがその「豆」をクリックすると、ジャックと豆の木のようにスルスルッとツルが伸びて、リンクされたページが別画面で表示される仕掛け)

それから、話している相手の「島」(個別のページ)は簡単にブックマークできる。ログインしているときは、ブックマークにランプがつくので、話し相手が簡単に見つかるよ。

★ヒロシです。小学生にタメ口をきかれました。・・・たまにそんなこともあるけど。

検索エンジン最適化をいくら真面目にやっても、来てくれた人が常連になってくれる確率はかなり低い。おそらく・・・一万アクセスに一人ぐらいじゃないかな? 今までの経験で言うとそんなもんだ。疲れるだけだから初心者にはお勧めできない。

そう考えると、チャットで常連を獲得した方がずっと早いわけ。相手のことも良くわかるし、コミュニケーションが簡単にできるから感想を聞きやすいでしょ。サラリーマンはやりにくいけど、この方法は馬鹿にできないよ。検索エンジン最適化より、よっぽど効率がイイかもしれない。それに、読者とのふれ合いを一番に求めている人は、この方が目的を達成しやすいと思う。