Google Adsense の欠点

ドル建て小切手の換金

2005年1月24日

今日はじめて Google Adsense の報酬を銀行で換金した。報酬は現在、ドル建ての小切手でもらうしかないのだが、これを円に換金する手数料がバカ高いので驚いてしまった。

Google Adsense の報酬は100ドルを越えると小切手で送られてくる。(100ドル未満は翌月以降に繰り越される)

去年、Google Adsense をはじめたのだが、今までに3回小切手が送られてきた。でも、ドル建ての小切手を換金するには外国為替を扱っている取引銀行の支店に行かなければならないので、ある程度まとまってから換金しようと思っていた。そして今日、ついでがあったので外国為替を扱っている銀行の支店に行ってみると・・・

「小切手1枚につき5千円から6千円の手数料がかかりますがよろしいですか?」

えーっ?! なんでそんなに高いの? 百数十ドルを換金するのに5千円から6千円ってどういうこと?」

これは Google が取引銀行の Citibank とつるんで仕掛けた陰謀だ。100ドルを越えた時点で1枚ずつ小切手を送られるとメチャクチャに損をする。そんなこと Google Adsense のページには一言も書いてないのでみなさんも注意しよう。支払いを留保することができるので、少なくとも1000ドルを越えるまで留保した方がいい。さもないと、あまりにも馬鹿げた換金率になってしまう。

まったくもぉー、大損害だ。人柱はアタシだけでたくさん。これから Google Adsense をはじめようと思っている人は、かならず支払いを留保すること。車の購入資金を貯めるつもりで小出しにしない方がいいよ。