車の希望ナンバー

今は人気なし?

2005年2月3日

平成11年5月から自分の好きなナンバーを車に付けられるようになった。アタシはこの制度ができて間もなく「555」というナンバーを手に入れたが、最近あまりゾロ目ナンバーを町で見かけない。

もちろん今でも「777」や「8888」は抽選になることがある。でも、今はそんなことより千円でも安く車を手に入れたい人が多いのだろう。希望ナンバーを申し込む人がだいぶ少なくなっているようだ。現在はインターネットで希望番号を申し込むことができるので、このページを見てほしい。(新しいウィンドウで開いてよ)

希望番号申し込みサービス

次に「照会」→「申込件数照会」と押して、任意の管轄で「3ナンバー」と「5、7ナンバー」のところを見てみよう。名古屋や大阪を除くと、ほとんど申し込みがないのがわかるだろう。「777」だろうが「8888」だろうが、よほど運が悪くない限り第二候補まででスンナリ決まるはずだ。(ちなみに一番人気があるナンバーは「1」か「8888」である)

「555」をすでに6年以上付けているアタシに言わせれば・・・このナンバーを付けて得したことは一度もない。たまに交通量調査をしているアルバイターが喜んでくれるぐらいだから「光るナンバーボルト」の方が追突の危険が減ってナンボかマシだろう。

配線無しの光るナンバーボルト

光るナンバーボルト

ナンバーなんてものは乗っている本人に見えないから、まず優越感がない。それで性能が向上するわけでもないから満足感もないし、乗り心地が良くなることも決してない。事故が減るわけでも、駐車料金が安くなるわけでもない。だから、おそらく平成11年か12年に希望ナンバーを付けた人も、買い換え時に希望ナンバーを外した人が多いと思う。

そう! 一度付けてみた人は、その不経済性に気付いてしまったのだ。そんなもん付ける余裕があったら、ETC を付けた方が得。今ならキャッシュバックもあって1万円程度の出費で高速道路の割引が受けられる。今までの前払い制には魅力を感じなかったが、夜間30%引きはデカイぞ。

言っておくが「555」を付けてもスロットで連戦連勝なんてことはなかった。(その逆の11連敗はあった)「1091」を付けたところで釣りが下手なら当然ボウズもある。「777」なんか付けたら、かえって交通事故に遭うかもしれないし・・・

ということで、過去6年間「555」を付けたアタシは、希望ナンバーをオススメする理由を何一つ見出せなかった。たった6千円、されど6千円。一瞬で消えてしまうが、そのお金で大間のマグロでも食った方が一生の思い出になるかも。