スギ花粉撲滅作戦-2

林業の現状

2/2ページ(最初のページ

2005年2月7日

現在、スギの価格がどうなっているかというと、山に生えた立木の状態では昭和30年頃の価格に低迷している。わかりやすく言うと、ハガキの値段が5円だった時代だ。だが、切り出しにかかる費用を節約して、丸太の状態にできればまあまあの金になる。

だから、無料でできるならスギを切り倒して他の苗木に植え替えても良いと思っている地主さんは多だろう。そこに、『金にならなくてもいいからスギを切りたい!』と思っている人がたくさんいるのである。この人達を利用しない手はない。地元の温泉や健康ランドだって宣伝の良い機会になる。

また、災害対策の訓練としても最適だ。消防士と災害対策委員会の人がコミュニケーションを持つ良い機会になるだろう。なんでこういう企画ができないのか不思議なくらいだ。

ということで、前ページはアタシが考えたフィクションでした。終わりっ!

スギのことをもっと詳しく知りたい人は↓

モクネット(秋田県二ツ井町)