トラックバックとは?

テーマが同じスパム

2005年2月11日

ちょっと皆さんもトラックバックを疑問視する必要があるんじゃないですかね。それはどういうことかというと・・・

  1. ブログを書くとき相手先のトラックバックリンクを書き込む。
  2. すると、相手先のブログにこちらへのリンクがつく。
  3. ところが、こちらのブログにはトラックバック先へのリンクがなくてもよい。

楽天広場の説明にはこう書かれています。

トラックバックとは記事同士をリンクする、リンクしたことを通知する・・・

上記の説明はウソです。記事同士をリンクしたことにはなっていません。一方的なリンクの押し売りという場合もあるんです。トラックバックし返さない限り、トラックバックされた側へのリンクが付かないのはオカシイですよね。

たとえばアタシは映画の感想を書いてますが、同じ映画を見た人からトラックバックされたことがありました。それはテーマが同じですから、いわゆる「トラックバック・スパム」とは呼びにくいトラックバックです。

が、しかし、トラックバックされても、こちらからトラックバックし返さない限り、何のメリットもありませんでした。トラックバックをしてきた相手先にはこちらへのリンクがなかったのです。同じ映画の感想として、トラックバックした側への入口を勝手に付けられただけ。つまり「トラックバックされ損」という状態だったわけ。

結論から先に言うと、「トラックバックをする気がない人は、トラックバックを受け入れる必要がない」と言えます。

よく考えてみると、トラックバックというシステムは変です。なんの義理もない相手から突然チョコが送られてくるわけですが・・・「面白いテーマだったので私も書いてみました」なんてコメントでも添えられていれば、バレンタインのチョコみたいでかわいいですよ。でも、コメントなし、こちらへのリンクもなしだとタチが悪い。

顔も知らない相手から、突然 URL がリンクされたチョコが届くわけです。自分が『なんだろう?』と思って開くのはかまわないとしても、こちらのサイトを見に来た他人からも片想いのラブレターが丸見えってのはまずいでしょ。しかも、チョコを送りつけてきた人のサイトを見に行ったら、アタシへの愛など語られていないのです。

「この人の感想よりアタシの感想の方が面白いわよ」とでも言いたいのか。コノヤロー!

たとえが悪いかもしれないけど、これはとっても変な状況だと思いませんか? トラックバックされた側には、トラックバックした側へのリンクが付かないのが正しいと思います。リンクされたことだけ、管理画面でコッソリ教えてくれればそれでOK。読んでみて気に入ったら相互リンクすればいいだけの話です。そうすればトラックバック・スパムなんてものはなくなるし、検索エンジンの精度も上がります。

いったい検索エンジンはトラックバックをどう扱っているのだろう? ちょっと興味がありますね。単純にリンクとして扱っているなら、「トラックバックした者勝ち」ということになります。(トラックバックすればするほど検索順位が上がる。しかも自力で簡単にできてしまう。他人の評価なんてほとんどカンケーなし)

いやね、なんでこんなことを書いたかというと、同じ映画を見た人のブログをトラックバックしまくってる人にトラックバックされたんですよ。そこで相手先を見に行ったら、50件とか60件とか、スゴイ数のトラックバックが返されているんです。(有名人でもない。素晴らしい文章とも思えない。大して参考にならない。しかも文中にトラックバック先へのリンクは皆無)

ということは、トラックバックを返さない人の方が多いはずだから、トンデモナイ数のトラックバックを仕掛けているはずです。おそらく100以上ね。そのブログは goo blog にありましたが、goo blog はそんなことを許しているんですかね? それをオカシイと思うのはアタシだけでしょうか? ちなみに楽天広場の場合は、3つまでしかトラックバックできないようです。

2月12日追記

雨降りニコちゃん より補完コメントあり

検索エンジン的には、トラックバックした者が勝ちの状態です。そのため Google は、rel="nofollow" 対策をしたわけですが、対応をブログ側に任せていますので、根本的な解決にはなっていません。(楽天広場は、rel="nofollow" をやっていません)

でも、アクセス数を稼ぎたい場合も、トラックバックは有効なので、スパム的なトラックバックは減らないでしょう。

*rel="nofollow"とは、検索エンジンに対してリンク先をフォローしないように指定する属性のこと。

トラックバックをこのまま野放しにするのは危険でしょう。ブログサイトが検索エンジン用のトラックバック対策を施さないなら、検索エンジンが、そのブログサイト全体の評価を下げるしかない。会社の責任ということで、トラックバック野放しのブログサイトは評価が下がると思います。

でないと、『どこがそんなに優れてるの?』・・・と思うようなブログがトラックバックしまくりの術で簡単に順位を上げてしまう。まあ、それぐらいのことは検索エンジン会社だって、とっくの昔に気付いているんですけどね。

皆さんも『損なトラックバックのされ方だと思ったら、躊躇なくトラックバックを削除してください。みんながそれをやれば少しはこの不平等が改善します。遠慮はいりません。身勝手な人間は排除すべきです。たとえ悪気がないとしても、それはインターネット上に不平等を生み出すのです。