セルラー

電話会社の宣伝?

2005年2月28日

シネマイレージが6ポイント貯まったので【セルラー】を無料鑑賞。スクリーンはリクライニングシートのプレミアスクリーンだった。

公式ホームページ より

「早く助けて!」

ある日突然、携帯電話に見知らぬ人からのSOSが

あなたなら、どうする?!

主演女優は【8mile】でエミネムのお母さん役をやったキム・ベイシンガー。【8mile】の演技が良かったので、ちょっと期待したのだが・・・見終わったあと、『この映画は US CELLULAR(電話会社)の宣伝だったのかもしれない』と思えてきた。95分の長ぁーいコマーシャルだ。映画としては短い方だけどね。

けっこう面白いよ。出てくる俳優も映画をたくさん見ている人なら見慣れた人達ばかり。特に悪役のジェイソン・ステイサムは【トランスポーター】の主役をやった俳優で、なかなかカッコイイ。

この映画、ヒマツブシにはもってこいだと思う。テンポがいいから眠くなるヒマがない。ただし、【ボーン・スプレマシー】を観たあとだと、いささか物足りないかな。だから評価は B にしておこう。

<トピックス>

★「毎分30リットル」のシーンがちょっと驚き。これは観た人だけがわかる謎。キム・ベイシンガーが高校の生物教師という設定がキモ!

★「日帰り温泉」のことを英語では「デイ・スパ」というらしい。ただし、それは日本で「エステ」と呼ばれているものに近く、公衆浴場ではない。