LOTO6

戦略的数字選び

2005年3月3日

アタシが作った LOTO6 模擬抽選ゲームがあるので一度使ってみてね。ただし、このゲームはランダムに数字を選ぶだけだよ。抽選が速いのがセールスポイントかな。

作った本人が言うのもなんだけど、LOTO6 は確率を計算すると買う気がなくなっちゃう。toto も今年から当選確率4,096分の1の「当たりやすい toto ゴール」を売り出したでしょ。toto はワールドカップの年に5回ほど連続で買ったけど、かすりもしないのでやめちゃった。

知り合いに LOTO6 を毎回10枚ずつ買ってる人がいるけど、末等はけっこう当たるらしいね。もちろん末等じゃ元が取れないけど、末等でもいいから「当たる」ってことが重要なんだろう。オススメは誕生日を入れる人が多いので1〜12をひとつも含まない組み合わせ。あるいは3連以上の連番が含まれる組み合わせだと思う。

なぜかというと、当たる確率はどの組み合わせも同じ。ならば、なるべく選ばれない組み合わせを予想した方がイザ当たったときの配当がデカイから。

たとえば「38,39,40,41,42,43」という組み合わせを選んだとする。『こんな数字じゃ当たりそうもない』と誰でも思うだろう。でも、どんなに真剣に予想したって、1つの組み合わせで当たる確率は「38,39,40,41,42,43」と変わらないのだ。そう考えると、いかに当たりにくいかがわかるよね。

だから、買い続けるつもりならイザ当たったときに同じ組み合わせを選ぶ人がいそうもない組み合わせを選びたい。当選確率は変わらないが、当選金額の期待値なら上げることができるぞ。

しかし、楽天ラッキーくじも当たらない人は無理だろう。アタシは去年の9月頃から毎日これを引き続けているけれども、未だに1等が引けないので LOTO6 に手を出していない。30ポイント(1日200本)なら1回当たってるし、末等は月に平均2回ほど当たってるから1日にこのくじを引く人は十数万人ぐらいだと思うけどね。これなら毎日引いてもタダだから運試しにやってみて。

楽天ラッキーくじ