圏央道開通が待ち遠しい

あきる野IC完成

2005年3月7日

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の「あきる野IC〜日の出IC」が3月21日に開通するそうだ。と言っても厚木近辺に住んでいる我々にとっては、まだまだ開通なんてだいぶ先のこと。早く「海老名北IC」まで来てくれないかなぁと思っている。

圏央道昔から平塚の庄治郎丸には多摩方面のお客さんがけっこういて、その先の埼玉からも何人か常連のお客さんが来る。(スミ王とか・・・)

将来「海老名〜鶴ヶ島」がつながったら、だいぶ大きな変化が起こるだろう。夏場は群馬県のお客さんがわざわざ平塚までシイラを釣りに来るのだが、その人達ももっと気軽に来られるようになると思う。

第二東名なんていらんから、早いとこ予算を集中して「海老名北IC〜あきる野IC」と「鶴ヶ島IC〜久喜IC」を作ってほしい。

そうすれば神奈川県民も首都高を通らずに埼玉、群馬、栃木などへ行ける。なんたって行き帰りに首都高を通るのがイヤなのだ。それさえなければ関越道、東北道へのアクセスが高速化するし、都心へ入る車も減る。

第二東名は費用対効果の面で、どう考えても圏央道より劣るだろう。長距離トラックのドライバーに聞いた話だが、静岡県内を走るとき、空荷で急がないときは東名高速を降りて国道1号を走るそうだ。だから第二東名なんか作ったところで、ゴールデンウィーク、盆暮れ、正月ぐらいしか役に立たない。

いったい開通まであと何年かかるのだろう? まったくもぉー! 道路公団って奴は・・・

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)