ETC遮断機に接触

1日で2,300件

2005年4月2日

NHKニュースを何気なく聞いていたら、きのうETC遮断機に接触する事故が多発したらしい。これは4月1日から突然使えなくなったカードがあったためだ。最初は累計の数字かと思ったが、きのうだけで2,300件も起こったというから驚く。

ニュースによると、3月末で廃止された「別納割引制度」の利用者が150万人もカードを切り替えていないらしい。ということは予想できたはずだろ。道路公団が使えねーヤツラのたまり場だからこういうことが起こってしまう。

いや、道路公団だけじゃない。NHKも怠慢だった。テレビを持っているだけで料金を徴収されるのはNHKだけ。ということは、NHKは国民に危険を知らせる義務があるんだな。3月中に口が酸っぱくなるぐらい言わなきゃダメだよ。「聞いてないよとは言わせません」ってぐらいね。

「親方日の丸」だとろくなことがないという見本だな。NHKは平成11年の地上波デジタル化を契機にスクランブル化すべきだ。(これは7年も前からアタシが言ってること)

払ってる人と払ってない人を明確に差別しなきゃダメなんだよ。この先、おとなしくNHK受信料を払い続ける人はドンドン死に絶えていく。払ってない人の割合が一定の率を超えたら、あとは雪崩のように受信料不払いが起こるだろう。

デンソー 利用履歴発行システム

ETC 利用履歴発行システム

NHK受信料を斬る(スクランブル化せよ)