ブリジット・ジョーンズの日記

きれそうなわたしの12ヶ月

2005年4月12日

福井の釣り日誌が完成したので2週間ぶりに映画館へ行った。観たのはレニー・ゼルビガー主演の【ブリジットジョーンズの日記】。これはパート2だけど、前作を見ていなくてもなんとかなるだろう。アタシはスターチャンネルでパート1を観たが、あまり内容は覚えてない。ほとんど漫画だからね。

ブリジット・ジョーンズの日記

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年)

感想は・・・前作の方がだいぶ良かった。レニー・ゼルビガーがいくらなんでも太りすぎで、日本人が「かわいい」と思う範囲を通り越してる。それから、前作と比べるとしあわせ過ぎて「がんばれブリジット!」と応援したくならないんだ。

映画館で観る価値はほとんどないかな。ロンドンの街角や、ときどきかかる懐かしい音楽がしゃれてるけど、300円のレンタル DVD で十分だと思う。これは是非、自宅でアイスクリームの樽を抱えながら観てちょうだい。そういうダラダラした見方にはピッタリだ。

評価は「おヒマなら」の C だね。