サラリーマン金太郎

楽天ダウンロード

2005年4月18日

楽天ダウンロードは Mac じゃ使えないので、ピラニア家族へ行ってピラニアのオッチャンにダウンロードさせた。最初、楽天ダウンローダーをインストールするのがチョット面倒。さらに楽天ビューワーをインストールして、やっと漫画をダウンロードできるようになる。

オッチャンのマシンはのろいので、漫画を見る準備ができるまで10分近くかかった。(500MHzのマシンに Windows 98、ISDN に毛が生えたぐらいの ADSL という環境)

さあ、はじまりはじまりぃー。おーっと、無料版だから最初にコマーシャルが入ってる。ハイハイハイ、わかったから早くはじめてよ。わかったからぁー。もぉー。はやくぅー。やっとかよ・・・

1280×1024の画面いっぱいに漫画が出てくるので、なかなか読みやすい。オッチャンのマシンは無音なので物足りなかったが、効果音が入るとまた違うだろう。うーん、これはいいかも。

しかし、調子に乗って過去の「サラリーマン金太郎」(全30巻)を全部ダウンロードしたら315円×30=9,450円。古本の全30巻が7,190円だから、そっちの方が安い。

【古本】サラリーマン金太郎 全巻セット (1-30巻 全巻)

【古本】サラリーマン金太郎 全巻セット (1-30巻 全巻)
価格:7,190円(税込、送料込)

床屋さんならコチラがオススメかな。ダウンロードだと一定期間(普通60日間)終了後はもう一度課金されてしまう。漫画をハードディスクに保存できないようになっているので、読むたびにダウンロードが必要ってわけ。なかなかうまくできてるね。

しかし、古本の方が安いってのが、ちょっと納得いかないなぁ。永久にダウンロードできるワケじゃないから、もっと安くていいんじゃない? ダウンロード期間3日なら1巻100円。ダウンロード期間60日で1巻150円。これぐらいがリーズナブルだと思う。60日で300円では古本を買った方がいいような気がするよ。30巻揃ってれば転売できるしね。

楽天ダウンロードを安くするには、このシステムをもっと多くの人が使う必要がある。「漫画や本をダウンロードして読む」という習慣が根付けば安くできるだろう。いずれは古本を買うより、ダウンロードの方が安上がりになるかもしれない。

なんたって読みたいときにすぐ読みはじめられるのが素晴らしい。自宅にいようが、電車の中だろうが、時と場所を選ばないのだ。本と違って送料もかからない。場所だってとらない。ネット上の貸本屋にアクセスすれば、たとえ牢屋の中でも読みたい本が読めるわけだ。

e-bookリーダー「リブリエ」(SONY)

e-bookリーダー「リブリエ」(SONY)

図書館なんてサラリーマンが利用できる時間は開いてないでしょ。図書館は税金を払ってる人が利用できない奇妙な施設の典型だよ。将来はいらなくなっちゃうかもね。