フジTV vs ライブドア

「和解」とは?

2005年4月19日

今回の「和解」でライブドアが勝ったのかというと、そういうことではない。負けではないが大勝利でもないのだ。

○ニッポン放送株を大量保有しているライブドアの子会社をフジテレビが買う。(投資金の回収はなんとかなった)

○ライブドアの第三者割り当て増資(440億円)をフジテレビが引き受けることになった。これで提携交渉は継続されることになる。(ライブドアの株価が下がるとフジも損するので、これは人質を取ったようなもの)

×「ホリエモン」=「乗っ取り屋」のダーティーなイメージ。雑誌で嫌いな男の No.1 に躍り出たらしい。これだけ悪いイメージがついたら、もうプロ野球のオーナーは無理だろう。おそらくスポンサーが付かないと思う。

×フジテレビとの提携が具体的にどのようになるかは不透明。結局フジテレビが保有する番組や映画で直接儲けることはできない。

今後だが、ライブドアは視聴者がインターネットで参加できるクイズ番組でも作ったらいいのではないだろうか。「放送とインターネットの融合」という話を具体化しなければ、もう誰も信用しない。インターネットを利用した番組を企画・製作する能力が試されると思う。

では、一般投資家で映画ファンのアタシはどうしたらいいのか?

東宝(9602)はフジテレビの大株主である。だからフジテレビとライブドアの関係で株価が大きく下がった。株主優待が魅力なのでチェックしていたが、中・長期保有するつもりなら絶好の買い時が来そうだ。

東宝の株主優待(Yahoo! FINANCE)