GW中の不思議発見

日本はかなりおめでたい

2005年5月6日

GW中のニュースについて感じた事を書いてみよう。

★巨人がビリケツ

どう考えても変! 選手の給料、選手層の厚さから考えて『どんなヘボ監督でもビリはないだろう』と思う。だが、現実にビリなのだ。上原なんかメジャーどころの騒ぎじゃない。風邪で体調不良の多村(ベイスターズ)に連続ホームランされてしまった。

確かにメジャーの方が一匹狼にはいいかもしれない。逃げの投球なんか要求されないから。でも、メジャーと格違いの選手に連続ホームランされてちゃダメだろう。上原よ、こんな調子じゃメジャーなんて10年早いぞ。

★ボーリング大会

JRのボーリング大会ってのは、どんなに大変なことが起きても決行しなければならないイベントなんだね。民営化から何年経ったか知らないが、JRの体質は未だに一般人の感覚とかけ離れているようだ。

アタシの場合は逆かな?「全営業部員が休日返上」というポーズをとらされるのを拒否したばっかりにヒドイ目に遭ったことがある。前々から予定していた釣りの約束を優先しただけなんだけどね。どーせ休日出勤したところで、数字が上がるわけないと思ったから、口先上司の「やってますポーズ」をブチ壊してやったのさ。そしたら、そのとき休んだ連中は全員飛ばされたよ。

アタシャこんな苦い経験があるけれども、JRの社員に「上に従うフリだけはしておけ」と言うつもりはない。古い体質なんかブチ壊してやりゃーいいんだ。今回の場合、たくさんの人命が失われてるわけでしょ。アタシの場合とは大違いだけど、アタシなら「こんなことやってる場合じゃない」と進言しただろう。たとえヒラでも堂々と間違いを指摘したと思うよ。

これで「民営化」なんて「見せかけ」だということがイタイほどわかったね。道路公団にしても、郵便局にしても、民営化したって体質そのものは10年、20年後も変わらないだろう。あせって「見せかけ」の民営化をしてもロクなことがない。腐りきったトップをクビにして新しい考えを持った人にやらせなきゃダメなんだ。

★日本は半社会主義

GW中は四国にいたが、四国って首都圏に比べてモノスゴク人が少ない。GW中でも渋滞とは無縁で高速道路もスイスイだ。ということは、普段なんかスイスイを通り越してガラガラだろう。

ところが道路公団は人の少ない四国にもドンドン高速道路を造る。現在X字型のハイウェイを20年計画で∞字型にするんだってさ。採算なんか合うはずがないのに・・・しかもだよ、これから造る道路(一部できている道路を含む)は無料で通行できるんだ。首都圏だとノロノロでも金を払わされるのに、四国の場合はガラガラのビュンビュンでも料金徴収自体が無駄なのでタダ! これを不平等と言わずして、何を不平等というのか?

待てよー、そう考えてみるとETCの普及は過疎地で料金を徴収するために必要なのかも・・・だとすれば、四国の人は断固としてETCの装着を拒否し続けなければイケナイ。そうしないとタダだったはずの高速道路にETCを付けられて困るんじゃないかな?

★ペ・ヨンジュン来日一周年?

横浜ランドマークタワーでGW中に「超・おめでたいイベント」が開催されたらしい。現在の韓国の様子はお気に入りリンクに登録している shaquill さんのブログ「暴走韓国」を読むとわかるだろう。韓国と日本の温度差は赤道直下のジャングルと北極ぐらい違うらしいぞ!

いやー、日本ってほんとにワンダーランドですねー。日本はかなりおめでたいよ