コンスタンティン

愛煙家必見!

2005年5月12日

前日に【交渉人 真下正義】を観たので、まず「真下」と比較してみよう。2本ともひとりで観たが、ひとりで観るなら【コンスタンティン】の方が上だと思う。だが、【コンスタンティン】より【真下】の方がツッコミどころが多いので、カップルなら【真下】の方がイイかもしれない。きっと共通の話題ができて話がはずむだろう。かなり強引な設定がある。

一方、【コンスタンティン】のジャンルはオカルト。好き嫌いがあるだろうが、アタシはけっこう好き。キアヌ・リーブスが気合いを入れて取り組んだだけあって、キャラクターはカッコ良かった。何人かの映画批評を読んで『大したことなさそう』と思っていたが、こういうマニアックな映画は自分で見ないとわからないもんだ。人によってまったく見方が異なる。

まずね、「宗教にある程度くわしくないと・・・」と感想を書いてる人がいたけれども、それは関係ないと思うよ。得体の知れない事象を扱っているわけだから、見た物そのままを自分なりに解釈すればいいんだ。無理に理解しようとしない方がイイ。

この映画はね、特に愛煙家の人にオススメ。アタシャ、最後のシーンで胸がスカッとした。愛煙家なら絶対観て損はない。だから評価は B+。どんなシーンか言えないけど、愛煙家と嫌煙家ではまったく見方が異なるだろう。それだけは言っておく。

なお、あとで知って愕然としたのだが、この映画のエンドロールの終わりに重要なシーンがひとつ隠されているらしい。アタシは見逃したので、ご覧になった方はコッソリ教えてちょうだい。つづきがあったら観に行くつもりだから。

蛇足:【交渉人 真下正義】のエンドロールの最後にも1シーンある。でも、それは次回作の予告だからテレビでどうせ見られるだろう。