内政干渉って何?

中国の身勝手さ

2005年5月25日

中国は「内政干渉」が大好きだ。たとえば日本の教科書に対する口出し。それから、首相の靖国神社参拝に対する「イチャモン」などが「内政干渉」である。しかも、タチの悪いことに、それらの「内政干渉」には交換条件が何も示されない。

たとえ小泉首相が靖国神社参拝をやめても、中国は日本の国連常任理事国入りを拒否するだろう。だから、参拝しようがしまいが結果は同じだ。そんな身勝手なヤツの言うこと聞いてられますか?

それに、「目にしたくない」と言うなら見ずに済む方法もあるんだ。中国のインターネット・ブロック技術はアメリカの研究機関も注目するほど進んでいるというから、中国人が見たくないニュースは虱潰しにブロックすればいい。

巧妙な中国政府のネット検閲、米の調査で明らかに(HOT WIRED JAPAN)

でも、そんなことは決してしないんだよ。なぜなら、人民の関心を内政に向けさせたくないからさ。おそらく貧乏人の怒りが爆発寸前なんだろう。その怒りを日本に向けさせないと暴動が起こるかもしれない。

ところが、中国は呉儀(ウー・イー)副首相が靖国問題を理由に小泉首相との会談をキャンセルしたことを一切報じていない。それはなぜか? おそらく、報道すれば政府の魂胆に気付く人が出てくるからだ。日本の技術力や日本人の誠実さに好意を持っている人だって少なからずいるだろう。その人達が「靖国問題」を大げさに報道する人民日報を読めば気付くよ。どれだけ中国政府が誠意のない外交をしているかにね。

今回、呉儀(ウー・イー)副首相は日本側から「内政干渉」という言葉が出たら、すぐに交渉を中断して帰ろうと考えていたようだ。相手も良く知ってるよ。その言葉がどんなに中国にとってイタイかを。まったくふざけた外交だろ。都合が悪くなると帰っちゃうんだからね。交渉のルールさえ知らない中国に国連の常任理事国をやる資格はない。

要するに中国政府が一番恐れているものこそ「内政干渉」なんだ。日本に「反日教育をやめさせろ」と言われる前に先手を取りたいだけさ。反日教育をやめると人民の関心が内政へ向かうからやめたくてもやめられないんだ。

とにかく靖国神社に戦没者すべてを祀っていることが「悪」であるはずはない。日本人が靖国神社に参拝するのは単に戦没者慰霊のためで、過去の戦争を正当化するためじゃない。中国の詭弁に引っかかるのは愚の骨頂だぜ。みんなもっと自信を持とう。

中国人はキリスト教徒に「十字架は気持ち悪いのでやめてください」と言うか? 言わないよな。靖国問題はそれと同レベルの話だぞ。日本の文化にケチをつけてるだけだから無視してかまわないんだ。

最初に「内政干渉」という言葉を使ったが、「靖国問題」は内政干渉以下のイチャモン(言いがかり)と言っていい。逆の考え方をすれば、現在の日本には何も中国から非難を浴びるようなことがないということだ。みんな胸を張って中国のイチャモンを跳ね返そうではないか!