「電車男」にはビタ一文払わねーぞ!

2005年6月8日

最近感じたことを6つほど列挙してみよう。

1.『ほとんど死語?』

「愛・地球博」

もう周りの人は誰ひとり口にしなくなった。

2.『ついに堪忍袋の緒が切れたか・・・』

「読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長」

どうやら野球界に戻ってくるらしい。今年は手遅れという気もするが・・・

3.『そろそろ潮時かもね』

「Macintosh に Intel processor」

ひとつのマシンに Windows と Mac OS を載せろってこと? そう言えば最近、Mac じゃ観られないページが多くなってきた。もう世界シェアはたったの2%になってしまったそうだ。道理でウィルスを作るヤツもいないわけだよ。

4.『ビタ一文払わねーぞ!』

「電車男」

先週の映画興行成績第一位。でも、これを見ると2ちゃんねるへの献金になってしまう。

5.『少しは改善されたかも』

「〜円からお預かりします」

最近、このセリフを耳にする機会が減ってきた。コンビニやファミレスで教育係をしている皆さん、ごくろうさま。「よろしかったでしょうか」の撲滅もよろしくお願いします。

6.『バカは死ななきゃ治らない?』

窪塚洋介、すっかり謙虚になって新作の会見に(eiga.com)

「1つの仕事をして99のメッセージを送るより、99の仕事で1つのメッセージを送るほうが伝わるんだということがわかった」

これは最近仕事を再開した窪塚洋介のコメント。100と言わずに99と言うところが相変わらずか? ちょっと変だが印象に残る言葉ではある。足して100になるというのがどうにも解せないのだが・・・