コンフェデ観戦記

FIFA RANKING

2005年6月27日

コンフェデレーションズカップ準決勝、アルゼンチン対メキシコを最後まで観た。メキシコは日本が負けた相手だが、FIFA RANING を調べると現在6位。道理で強いわけだ。イタリアよりランクが高い。

そして今日、メキシコはランキング3位のアルゼンチンと準決勝で当たった。最後はPK戦で破れたものの、延長戦までフルに戦って互角以上の戦いだったと思う。個々の能力ではアルゼンチンが上だが、メキシコの選手は運動量と速いパス回しで突破口を開くのだ。運動量が最後まで落ちないのは高地でのプレーに慣れているせいだろう。メキシコシティーの標高は2,240m。なんと富士山の五合目に相当する。

では、日本が破ったギリシャはどうかというと、6月15日発表のランキングで13位。日本はこの時点で18位だから、ギリシャ戦の勝利は FIFA ランキングのアップに間違いなく貢献する。ランキング1位のブラジルと引き分けたのも若干ランクアップに関係あるかもしれない。

ちなみに気になるアジアのランキングだが、現在はイランが17位、日本が18位、韓国が20位となっている。だから、アジア最終予選のイラン戦(8月17日)は、FIFA ランキングに関わる大事な試合だ。既にワールドカップ出場は決まっているが、ホームで負けるわけにはいかない。みんなしっかり応援しよう!

ネーム・背番号のマーク込み。アディダス 日本代表ユニフォーム(レプリカ)

日本代表ユニフォーム(レプリカ)
背番号・ネーム入りで税込み10,395円

では、FIFA RANKING はどのように算定されているのか?

FIFAランキングの謎に迫る 改

このページを見ると、かなり複雑な計算をしていることがわかる。とてもシロウトには計算しきれない。興味がある人は下のリンクを押して、現在のランクと比較してみよう。

2002年ワールドカップ終了時の FIFA RANKING

現在、日本のランクはドイツより高い。これはなぜかというと、ドイツが自国開催のワールドカップに備えて代表の若返りを図ったからだ。過去2年の成績では断然日本の方がイイんだよ。いま戦ってどうなるかはわからないけどね。