亡国のイージス

理解できない水中キッス

2005年8月12日

きのうは読者であり、釣り友達でもある釣りおやじさんと【亡国のイージス】を観に行った。釣りおやじさんは軍事オタクでもあるので解説者としてお供願ったのだ。なお、10月には釣りおやじさんと、映画【男たちの大和】のために作られた戦艦大和の実物大セットを広島県の尾道まで観に行く予定である。

男たちの大和 尾道戦艦大和ロケセットへ乗艦(見学リポート)

男たちの大和(公式ホームページ)

映画終了後の会話

「なんで如月と女工作員(ジョンヒ)が水中でキスしてたんだろう?」

「なんでかねぇ? もう一度観てみないとわからないな」

「いや、あれはもう一度観ても多分わからないよ。乗艦する前の女工作員は横浜スタジアムのシーンに出てきただけだ。しかも、あのシーンにはヨンファと女工作員しか出てこなかったでしょ」

「そうだねー。あのシーンに如月がチョロッとでも映ってたら話がつながるんだけど・・・。しかし、なんで横浜スタジアムのシーンを挿入したのかな?」

「それも『謎』なんだよ。如月と女工作員がスタジアムで会っていたなら納得できるけど。やっぱ変だよね、この映画。いらないシーンがあって、重要なシーンが抜けてる。理解できない」

ということで、主役の真田広之は良かったが、構成上の問題点がどうにも納得できないので評価 B。せっかく金をかけて自衛隊の協力も得られたのに、如月が何者なのか最後までわからず、理解に苦しんでしまった。

原作を読んだ人にとっては、これで良いのかもしれないが、こっちは分厚い上下巻に分かれた小説を読む時間がないから映画を観てるんだよ。もっと映画向きに組み替えればいいのに・・・

飲み会突入!

映画を見たあとは、飲み会。ASHINOKO ONLINE 読者の海苔さんを呼んで ViNA WALK から歩いて5分の喰の道場(しょくのどうじょう)という屋台村へ行った。ここには4坪の小料理屋が10軒ほど集合していて、寿司、天ぷら、鉄板焼き、焼き鳥、ダチョウ料理などが食べられる。

しかも、海鮮料理店のカウンターに座ったまま、焼き鳥を注文することもできるのだ。その場合、海鮮料理の店に焼き鳥が届けられるのだが、どの店で何を注文しても会計は一緒。料理を注文するたびに代金を払う必要はない。(これは便利!)

本日のお食事

シマアジの刺身 新サンマの刺身(釧路で水揚げされた新鮮なサンマをおろしニンニクと醤油で) サンマの塩焼き(これが今日イチかな? 脂の乗りが良かった) ブタキムチ鍋(冷房の効いた部屋だと夏でもうまい!) 焼き鳥盛り合わせ アナゴの天ぷら(これもなかなか) 生ビール ウーロン茶割り マッコルリ(甘酒みたいな韓国の酒)

相模川の川漁師さん

店内でーす。

ここはお昼のサービスメニューが安く、ViNA WALK のファーストフード並みの値段でスローフードが食べられる。刺身定食500円だからね。駐車時間に余裕があったら是非 ViNA WALK から徒歩で行ってみて!