日本をあきらめない?

自民大勝利か?

2005年9月11日

改革を止めるな。

日本を、あきらめない。

イカンザキ!

いろいろ政党のCMを見ましたが、「日本を、あきらめない。」というコピーは感心しませんでした。マニフェストという言葉も聞こえはいいけどダメです。マニフェストって「政権公約」のことでしょ。ということは、「過半数を取らない限り実現しない我が党の夢」と言い換えることもできるわけです。

今回の選挙は関心が高いようですが、それは「郵政民営化に賛成か、反対か」という小泉首相(自民党)の問いかけがわかりやすいからですよ。イエスかノーか二つにひとつなら誰でも答えを出しやすいじゃないですか。『郵便局なんか早いとこ民営化した方がイイ』と思う人は自民党に入れればいい。『郵便局は国がやるべきだ』と思う人は、他の政党に入れればいい。

だから、もう答えが出ている人の方が多いと思います。おそらく自民党の大勝利ですね。人口10万人以上の都市部に住んでいる人は、郵便局のありがたみをあまり感じません。大都市ならなおさらです。大都市で票を稼げなかったら民主党は負けます。前回、比例で復活当選した人が大量に入れ替わるんじゃないですか?

とにかく「日本を、あきらめない。」というコピーはキライです。「誰もあきらめちゃイネーヨ!」と言い返したくなるんですね。文学的センスもないし、パワーも感じません。ハッキリ言ってダメダメです。オヤジギャグの「イカンザキ」の方が、まだマシかもしれない。比例の方に「イカンザキ」って書く人、けっこう多いんじゃないかな?「イカンザキ」は無効票にすると総務省が発表してますけどね。

以上、だいぶ前の選挙で「スポ平」と書いたことがある Leadcore(多分一生無党派層)の意見でした。

「INOKI(アントニオ猪木)×ULTRAS」コラボT フェイス 12

「INOKI(アントニオ猪木)×ULTRAS」コラボTシャツ