FANTASTIC 4

MARVEL のヒーロー物

2005年10月5日

【FANTASTIC 4】はスパイダーマンで有名な MARVEL 社のコミックスを映画化した作品だ。4人が超能力を身につけるキッカケから物語がスタートして、あとはもうジェットコースターのように目まぐるしく「アリエネー」シーンの連続攻撃をかましてくる。

感想を一言で言うと、「ジェシカ・アルバかわいい!」

ダーク・エンジェル ハンディBOX

ダーク・エンジェル ハンディBOX

ジェシカ・アルバを知らない人のために、ちょっと解説しよう。ジェシカ・アルバは【タイタニック】のジェームズ・キャメロン監督が構想に15年を費やしたという壮大な近未来SFアクション【ダーク・エンジェル】のヒロインだ。

※【ダーク・エンジェル】は、とても2時間枠に収まりきらないので、テレビで公開され、【ダーク・エンジェル2】と合わせて、現在は11枚の DVD に収められている。

【ダーク・エンジェル】とは?

設定は近未来。場所はイチローがいるマリナーズの本拠地シアトルだ。テロリストが強力な電磁波爆弾でコンピューターのデータをすべて消し去ったので、街は荒廃しきっている。

主人公マックス(ジェシカ・アルバ)は遺伝子操作人間。どうやら猫のDNAが刷り込まれているらしく、キャット空中3回転や壁登りが大得意。だが、ときどき盛りがついてしまい、男なら誰とでも○×△□≠・・・

マックスはキュートなダークヒロインだ。猫の遺伝子のおかげで敏捷性抜群。だが、気まぐれで、ときどき自分をコントロールできなくなるという弱点も併せ持っている。

ということで・・・

FANTASTIC 4 は、アメリカじゃ人気のコミックらしい。原作は【スパイダーマン】や【X-MEN】で有名なスタン・リー。(スタイリーじゃないよ)

とにかく、映像に迫力があって面白かった。岩石男の表情が微妙に変化するところも感心したな。アカデミー賞にメイクアップ賞という部門があるが、ノミネートぐらいされるかもしれない。

しかし、何と言っても、この映画最大の見どころはジェシカ・アルバの可愛さだと思う。評価は B+ だね。やや男性向きかな。