複数のブログを束ねる

独自ドメイン作戦

2005年11月23日

ブログが雑多になりすぎたので、「映画の感想」を分離することにした。すでに映画館で観た映画の感想が200本以上になっているのだ。

全部合わせても年間4,000円足らず。それで何ができるかというと、eiga-navi.com という独自ドメインの中にブログを3つも作れる。このドメインは「映画関連の話」だけだから3つも必要ないが、作ろうと思えば3つ作れるのだ。

サンプルとして、blog.eiga-navi.com を開設してみた。たとえばこんなことができるので見てほしい。ケータイでも同じ URL でちゃんと見られるので試してね。

eiga-navi(映画の感想)

まず、ブログだから検索機能が充実している。そこで、今回から「作品メモ」をフッターとして追加することにした。監督や俳優の名前をここに書いておけば、検索機能を活用できるでしょ。

「じゅげむ」は、まだ使いはじめたばかりだが、楽天広場とかなり違っていた。こちらはカスタマイズ自由だから、テンプレートに不満があれば自分でデザインできる。ちょっとプロ向きだが、個性的なブログができるだろう。

もちろん楽天広場の方が利用者も多いし、機能的にも充実している。だが、楽天広場のケータイ版は、写真も出なけりゃコメントも書き込めない。しかも、文中のリンクさえ消されてしまう。だから楽天広場のケータイ版には以前から不満があったのだ。

その点「じゅげむ」なら、同じ URL でケータイ版が見られる。画像OK、コメントOK、リンクOK、独自ドメインOK。機能は基本的なものと Amazon アソシエイトの利用が簡単にできること、RSS リーダーぐらいだけどね。シンプルだからページの表示は速いようだ。

サイトのテーマは1つに絞り込んだ方が検索に引っかかりやすい。だから、これからは独自ドメインでブログを書く人が徐々に増えていくだろう。そんなとき便利なのが、最初に紹介した「ムームードメイン」+「ロリポップ」(ブログは「じゅげむ」を利用)

それから、テーマが違うブログをあちこちに書き散らしている人は、ブログを束ねるのにも便利だ。紹介した方法なら1つのサイト内に3つまでブログを入れられる。これなら個人のページとして独立させた上で「じゅげむ」の集客力にも期待できるだろう。

さらに、もっと違う使い道もある。たとえばAさんの www.○○○.com は釣りのページだとしよう。Aさんは「湖の釣り」と「船釣り」と「堤防釣り」をやっている。この場合、ブログの URL は [lake.] [boat.] [teibo.] にすればいい。そして、ブログのカテゴリーを対象魚や場所でさらに細かく分けるのだ。

長年いろいろな釣りについて書いていると、カテゴリー分けしたくなるんだよ。検索でページを見に来た人は、極くせまい範囲に対する興味しかないんだ。たとえば、アオリイカを釣りたいとか、タチウオジギングについて知りたいとか、そういう目的で検索してくるでしょ。日付順に全部読もうなんて人はいないと考えてもいいんだな。

だが、カテゴリー分けがしっかりできていれば、1話だけじゃなく、いくつか読み進む可能性が高まる。いくつか読んでみて、面白ければブックマークを入れてもらえるかもしれない。自分のやり方を考えてみると、2、3年前から個人のページ(トップページ)をブックマークしなくなってきた。必要なページだけブックマークして、いらなくなったら“ポイ”が普通なのだ。

だから、サイトにブックマークを入れてもらいたければ、ページの専門性を高めるしか手がない。広く浅く、いろんなことをやっている人は、一度中身を細かくバラしてブログに移してから、束ねた方がイイんじゃないだろうか?

しかし、こんなことを考える人は滅多にいないだろうな。「いろんなことやりすぎ」だってことがよーくわかったよ。