野口健のページ

環境問題の参考に

2006年1月12日

先日、テレビを見ていたらアルピニストの野口健が出てきた。興味が湧いたので、早速ホームページを探してみると・・・

野口健公式WEBサイト

面白い。ムービーと文章が豊富にあってドンドン読み進みたくなる。アタシはグイグイ引き込まれて4時間以上読みふけった。そして野口健の活動を応援したくなった。ちょっと内容の一部を引用してみよう。

エベレストの清掃活動から感じてきた環境問題。当初はエベレストに散乱しているゴミ回収のみに集中すれば良かったのだが、何故に日本隊やアジア系の登山隊のゴミが多いのかと疑問を抱くようになり・・・

アタシは長年渓流釣りをやってきたので、釣り場のゴミや、環境破壊をイヤというほど見てきた。だから、エベレストに日本隊のゴミが多いのもわかるような気がする。皆さんはそう思わないかもしれないが、日本人はかなり環境に対するモラルが低い。

不必要なダム。それに伴う林道や河川の工事。人口に見合わない道路や港など。環境を破壊する仕事をわざわざ税金を使って土建屋に与え続けてきたのだ。たとえば、漁師が使っていない、釣り人のためだけに存在する堤防って、全国にけっこうあるんだよ。それから、砂防ダムは年月を経ると埋まってしまうから川を台無しにして、砂浜を減退させるだけの厄介物だ。それらを作った人達は将来の日本のことなんか、なーんも考えちゃいなかった。

まず「構造改革」をしなければ環境破壊は止まらないんだ。「構造改革」をして、無駄がなくならなければゴミも減らない。このまま人間がはびこり続けるとロクなことがないから、自然に人口が減ったんだろう。付け焼き刃的な少子化対策なんて無意味だと思う。

じゃあ、どうすればいいのか? それを考えるヒントとして、アタシは「野口健公式WEBサイト」をオススメする。みなさんも是非読んでちょうだい。