検索ロボットに媚びを売る日々

WEB屋の仕事

2006年5月3日

検索ロボットに日々媚びを売らなければならない WEB2.0 の時代。『早く終わればいいのに』と感じている人は、まだまだ少ないでしょう。なにか幻想をいだいている人の方が多いはずです。

なぜ最近、WEB屋は FLASH をあまり作らないのか

なぜ最近、WEB屋は釣りの話を書きたがらないのか

Yahoo! と Google の検索結果が違いすぎる

WEB3.0(第三世代のインターネット)

WEB2.0の時代は検索エンジンがバカ

ラップキュロット(黒)

チェ・ジウの下半身の写真(服つき)

たとえば、こんなのでも人を呼べるかもしれないのが WEB2.0 の時代です。検索エンジンが人の目を持ってないから、いくらでもだませるのです。この時代は、WEB屋が本来の力を発揮しにくい時代と言えます。だから WEB屋は『WEB2.0 の時代なんて早く終わればいいのに』と思うのです。