飲酒タイガーは、たのしねだ

2006年7月10日

きのうの夕方、誰がなんと言おうと釣り好きで、晴れ男で、花粉症で、酒が好き「釣りおやじ」から電話があった。

「例の『うどん屋』に集まるんですけど・・・」

「さーーーっ!」(愛ちゃん風に、ガッツポーズです)

刺身盛り合わせ

アジ、カワハギ、タチウオなどの盛り合わせ

話題はなんだったっけ? どうも釣りおやじを囲むとサッカーの話は出づらい。「シュバインシュタイガーがどうのこうの」なんて言っても、どうせ「飲酒タイガーって誰?」なんて言うだろうし・・・(アンタのことだよ!)

あ、そうだ。最初は釣りおやじの奥さんの話だった。釣りおやじの奥さんは、通称「マーヤ」というそうだ。で、どういう人かというと・・・なんだかよくわからないが、職場や近所の主婦に「人生の師」として崇め奉られているのだとか。(カリスマ主婦か?)

おそらく「亭主元気で留守がイイ教」の教祖様なのだろう。たまーに釣りおやじが家でゴロゴロしていると、「今日はどうかしたの? 具合でも悪いの?」と言うらしい。(その実態は、単に釣り具を買いすぎて今週の船代がなくなっただけ)

ヒラマサの竜田揚げ

ヒラマサの竜田揚げ

神津島沖で釣れた10キロオーバーのヒラマサを贅沢に揚げちゃいました。うどん屋・・・オマエ、反則だってばよ。こんなもの、うまいに決まってんだろ。これは一発レッドの頭突き級ファウルだぞ。

  ピーッ///

味噌汁

沖メバルとクロソイの味噌汁

  ピーッ///

何度言ったらわかるんだ。このスープがマズイなんて言うヤツは人間じゃねーんだよ。コラッ!

何の話だっけ? そうそう、のりさんとアタシは海の東大出身なので、山下泰裕と原辰徳の話をしたんだ。

山下伝説(その1)

大学に通っていた頃、よく山下が50ccバイクに乗って坂を上っていくシーンを見た。

DAX50(ダックス50)

ホンダの DAX だったかな?

なにしろ小さいバイクだった。それに体重140キロの山下が乗るとどうなるかというと、まるでサーカスのクマだ。坂を上るときは時速10キロぐらいの超低速だから目立つのなんの。とてもユーモラスな光景を昨日のことのように思い出す。

山下伝説(その2)

駅前のインベーダーハウスで興奮した山下。なんとインベーダーゲームのジョイスティックをもぎ取ってしまった。(怪力だってばよ!)

山下伝説(その3)

柔道部御用達のキッチン○○。大盛りなんか頼んだら、胃袋がやぶけちゃいますから。あと、海の東大付近には「食べホーダイ」の店がない。(全部つぶれましたから・・・残念!)

原辰徳伝説

こんなところには書けませんから・・・キッパリ!

そこへにゃんこさん登場。この人は酔っぱらうと変な猫語でブログを書きはじめる。たとえば・・・

米焼酎のロックをのんじゃるよん にゃは
かなり いい感じよ
帰れないから おとんにおみかえたのみまちた
短大のときのともだちとたねちいお酒をのんです
いま にはいめで もうダウンだ ともらちは もうよんはいのんでるのだよ たのしねだ!

わけわかんないけど、かなり酒が回ってるようで「たのしねだ!」

そこで、アタシがニャホン語の書き方を教えた。ワープロソフトで文章を書いて、最後に「な」を「にゃ」に全部変換すればいい。そうすると、かにゃり面白くなる。(文豪・夏目漱石もビックリの裏技!)

見本はこの辺かな?

いきなりスペシウム(東京湾のシーバスジギング)

これは、のりさんが大好きな釣り日誌。ドラマチックじゃない展開から、大どんでん返しが・・・(全2ページ)

うわさを信じちゃいけないよ

続編の2ページがニャホン語になってます。(全4ページ)

必殺 土佐鶴釣法(全9ページのうち、最初の2ページ)

あしずり港の魚河岸ニャ主、ニャンズリが登場します。普通のニャホン語ではなく、ニャン幡多弁をしゃべる猫です。

手打ちそば

〆は、うどん屋なのに手打ちそば!

このうどん屋は、その日の気分で麺を打つから、うどん屋なのにそばしかないときもある。(だから「変なうどん屋」なのである)

Coleman のジョッキ

Coleman のジョッキ

最後に「酒と釣りの日々」の nogumaguさんからアクリル樹脂製のジョッキをもらった。家に帰って、早速麦茶を入れてみたぞ。

そう言えば、次のバーベキューはいつだっけ? とてもたのしねだ。