2006年ドイツ大会

ドイツはシュートがうまいっす

2006年6月10日

ついに開幕戦を迎えた。ドイツ対コスタリカの試合は4-2でドイツの勝ち。特に最初のシュートと4点目のロングシュートがすごかったよね。

後半42分、フリンクスのロングシュートは、およそ30メートルだった。蹴った瞬間はゴール中心あたりに飛んでいくように見えたが、ボールはキーパーを避けるように曲がって右サイドネットへ。

「スゲー!」

昔とはボールがまるで違うね。とにかくスピードが速い。あれじゃキーパーたまんないよ。

W杯ヒストリカルミニ('70〜'06)

W杯ヒストリカルミニ('70〜'06)

ドイツと戦って2-2だったということは、日本も結構やるのかな? だといいんだけど。

さて、夜になって。

日本時間の早朝に行われたポーランド対エクアドルの試合を見た。最近の FIFA ランキングでは、ポーランドが29位。対するエクアドルが39位。ポーランドはドイツの隣だから、当然スタジアムはポーランドの応援が優勢だった。

が、しかし・・・エクアドルは守備が堅かった。ポーランドはサイドを深くえぐることができず、高さを生かせない。日本もオーストラリア戦でこういう守備ができるとイイね。

それにしても南米のチームはワンチャンスを確実に決めるな。日本の選手にあれぐらい決定力があればいいんだけど。