2006年ドイツ大会

代表チームのユニフォーム

2006年6月11日

各国代表チームのユニフォームについて調べてみた。

★PUMA(ドイツ)12カ国

アフリカすべて(アンゴラ、ガーナ、コートジボアール、チュニジア、トーゴ)

ヨーロッパ(イタリア、スイス、チェコ、ポーランド)

アジア(イラン、サウジアラビア)

南米(パラグアイ)

★NIKE(アメリカ)8カ国

アメリカ、オーストラリア、韓国、ブラジル、メキシコ

ヨーロッパ(オランダ、クロアチア、ポルトガル)

★adidas(ドイツ)6カ国

アルゼンチン、スペイン、ドイツ、トリニダードトバゴ、日本、フランス

【アディダス】 カプアンゴ 水色/紺/白 アルゼンチン代表カラー

アルゼンチン代表カラーのビーサン(adidas)

★UMBRO(イギリス)2カ国

イングランド、スウェーデン

★LOTTO(イタリア)2カ国

ウクライナ、セルビア・モンテネグロ

★その他 2カ国

エクアドル MARATHON(エクアドル)

コスタリカ JOMA(スペイン)

※adidas と PUMA はドイツ人の兄弟が興した会社。(adidas は、アディ・ダスラー。PUMA は、ルドルフ・ダスラーが創始者)

ということで、ワールドカップは兄弟喧嘩みたいなものなのだ。(スパイクは個人契約ね)

アディダスvsプーマ

「アディダス vs プーマ」もうひとつの代理戦争

※今のところ adidas のチームは負けてない。ヨッシャー!

※日本が対戦するオーストラリア、クロアチア、ブラジルの3カ国は全部 NIKE。偶然にしては不気味。コテンパンか奇跡の快進撃か・・・どっちかになるのでは?

多分ドイツ人は日本チームを応援してくれると思う。(NIKE は商売敵だから)じゃあ、最後に adidas のページでも見て気分を高めよう。