2006年ドイツ大会

読売新聞の記事より

2006年6月15日

「小野いつ投入? 勝敗の分岐点」読売新聞 2006年6月15日10時18分

1―0で先行していた79分に、小野が投入されて攻守のバランスが崩れた。小野は「佑二(中沢=横浜M)さんから『守備に戻るな。前でプレーしてくれ』と指示があった」という。しかし、追加点を狙って小野がゴール前に攻め上がった結果、中盤の守備が手薄になり、豪州の逆襲の勢いを加速させてしまった。

小野はFWの柳沢と交代した。だから追加点を狙って前線に張るのは当然だったと言える。小野が入ったから攻守のバランスが崩れたのではない。守備陣が疲れてゴール前まで引きすぎてしまい、中盤ががら空きになったのである。

MF中村(セルティック=スコットランド)は「中盤の守備が最初は2人いたのに、福西(磐田)さん1人という中途半端な状態になった」と指摘。

最初は2人いた?・・・ということは、もう1人はどうした? 中村は「戦犯はヒデさん」と言いたいらしい。(口が裂けても言えないけど)

皆さんの会社にも使えない中間管理職がいるだろう。「口は出すけど、必殺パスは出さない厄介者」が・・・。そいつは、ヨイショが上手くいので、上からの信頼がとても厚い。確かにかつてはエースだった男だ。

だが、今は違う。部下達は焼鳥屋で一杯飲みながら「○○のヤロー、社長が引退したら覚えてろよ」とか「過去の栄光をいつまでもひけらかしてんじゃねーよ」とか「やれるもんなら自分でやってみろ!」などと口を揃える。多分、今の日本代表はそんな状態なのだろう。中村の部屋に盗聴器を仕掛けたら抱腹絶倒間違いなしだ。

ここでの打開策はただひとつ。ナカタを外した布陣を考える。もうそれしかない。だが、ナカタを外したところで、今の日本代表にクロアチアやブラジルを破るほどの実力はない。ならば・・・

カズをドイツに呼んで、最後のブラジル戦で大いに盛り上がりたい! それが日本国民の「総意に近い願い」になるだろう。ジーコ監督よ、最後だから、せめてそれぐらい粋な計らいをしてくれ。

ついでだから言うが、川口以外のキーパーも出してやってほしい。川口はもう3点取られたからいいじゃないか。楢崎や土居の勇姿も見てみたいぞ。と言うか、川口ひとりに10失点もついたらかわいそうだろ。恥ずかしくて日本に帰れないよ。ワークシェアリングしようぜ、ワークシェアリング!