2006年ドイツ大会

名乗り出た「戦犯」

2006年6月17日

きのう大学の同窓生「ピラニアのオッチャン」の事務所に寄った。ピラニアは現在の家に引っ越してから数年間、NHKの受信料を踏み倒していた。だが、アタシが説教したので、今年の4月から受信料を払っている。

ピラニア「NHKの受信料を払いはじめたから、観なきゃ損だと思ってワールドカップを見たんだよ。日本対オーストラリア」

アタシ「ヒドイ試合だったなぁー」

「なんで俺が観るといつも負けるんだろう? 負けた試合しか観た覚えがない」

「いつの試合を覚えてる?」

「えーとね、ドーハの悲劇でしょ・・・」

「ドーーーーハの悲劇」

「それからワールドカップ・フランス大会」

「フ・ラ・ン・ス大会」

「その頃はNHKの受信料を払ってたんだ」

「確かに全部負けてる。でも、前回のワールドカップではトルコにしか負けてないんだぞ」

「そう言えば、トルコ戦も観てた」

「オイオイ、チュニジアとロシアには勝ったんだぜ。それは観てないのか?」

「観た覚えがない。予選を勝ち上がったと言うから観たんだ」

「オマエは日曜のクロアチア戦を観るなっ!」

でも、ピラニアはクロアチア戦を絶対観ると言うのである。

かなりヤバイ。

東京電力の方にお願いします。クロアチア戦が放送されている間、町田市への送電を止めてください。