2006年ドイツ大会

クロアチア戦

2006年6月19日

前回「ピラニアのオッチャン」が観た試合は必ず負けるという話をした。そこでアタシはクロアチア戦の直前に電話をかけてみた。しかし、オッチャンのケータイは留守電に・・・

「今すぐ寝なさい! アンタが見てると負けるから。頼むよ」ガチャッ!

この留守電に効果はあったのだろうか? 早速検証してみたい。

前半

日本

中村が好位置からフリーキックを狙ったが味方に当たってゴールできず。ナカタのミドルシュートは枠に飛んだものの、キーパーに楽々防がれた。宮本は入場するときから鬼の形相で、一見集中しているように見えたが、試合ではミスを連発。(川口に救われる)

クロアチア

右サイドを崩して何度もチャンスを作ったが決められない。PKも川口のスーパーセーブに阻まれて0点。

※前半終了時にピラニアのオッチャンから電話あり。「前半は見ていたが今から寝る」と言うので一安心。これで負けはない?

後半

日本

福西に代わった稲本がちょっぴり活躍。30分までは大きなチャンスが何度かあったが、柳沢が無人のゴールに決められない。(ドアホ!)

小笠原は得意の角度からシュート気味のフリーキックを狙うが、枠を外してチャンス消滅。ナカタ、稲本などがミドルシュートを狙うが、カカのようにはいかない。

川口、中沢は最後まで集中が途切れず良く守った。

クロアチア

最後は疲れて日本に攻めを許した。0-0で日本とともに崖っぷちに追い込まれる。

総評

活躍した人

川口(1点もぎ取ったに等しい活躍)7.0

中沢(目立たないが、無失点に大きく貢献)6.5

12人目のアタシ(疫病神のピラニアおやじに「寝てろ!」と命令。無失点にやや貢献)6.0

困ったちゃん

柳沢(ゴールがら空きでも決められず。本日の「A級戦犯」)3.0

宮本(寄せが甘くPKを与える。他にも重大なパスミスあり)4.0

高原(仕事らしい仕事ができず、次もダメだろうという印象)4.0

ジーコ(フォワードをもう少し早めに代えていれば・・・)4.5

ブラジル対オーストラリア

ブラジル 2-0 オーストラリア

これで可能性はほとんどゼロになったが、一応日本が勝ち上がるための条件を書いてみよう。(一応ね)

日本 2-0 ブラジル

日本 勝ち点 4, 得失点差 0

オーストラリア 0-1 クロアチア

オーストラリア 勝ち点 3, 得失点差 -1

クロアチア 勝ち点 4, 得失点差 0

もしこうなった場合、総得点で日本がクロアチアを上回り1次リーグ勝ち抜け。しかし、ブラジルの2軍相手でも2点差勝利は無理だろう。むしろ控え組の方が死にものぐるいで点を取りに来るかもしれない。疲れてないし、目立てば年俸アップのチャンスだから。

ということで、最終戦は気楽にビールでも飲みながら楽しみましょう。ピラニアのオッチャンは寝てるはずなので、ひょっとしたら・・・