2006年ドイツ大会

衛星放送視聴開始から20年

2006年6月26日

ディエゴ・マラドーナ(Wikipedia)によると、「神の手」や「伝説の5人抜きゴール」が生まれたのは1986年のメキシコ大会だ。その頃日本では・・・

ということで、1986年のW杯はBS放送を受信する家庭が増えるきっかけになった。アタシも買ったばかりのBS受信セットでマラドーナの奇跡を目撃した一人だ。もちろん「生」でね。そりゃーもう、ぶったまげたよ。あとにも先にも、あんなプレーは観たことない。いい買い物をしたと思ったな。

そのとき買った衛星チューナーとブースターは今も現役だ。(確か当時の値段は3万円台)でも、アンテナはそんなに保たない。2000年12月にデジタルハイビジョン放送が開始されたので、確か5年前に今のアンテナに付け替えた。

TDK〈取付金具タイプ〉BS/110度CSパラボラアンテナBCS-45DHV*KITB

今使ってるのは TDK のアンテナだ。これはセンターフィード型といって、反射面から焦点までの距離が、同心円上で等しくなる。だからオフセット型より安定した受信が可能なのだ。(但し、雷雲の発生中や豪雨の時は見えません)

そうか・・・2002年のワールドカップもデジタルハイビジョンへの買い換えを促進したよな。オリンピックは日本選手がいつも出るからあまり影響ないが、ワールドカップは日本が出ると出ないじゃ大違いだ。

とりあえず出場までこぎ着けたのだから、今の日本代表はそれなりに社会貢献したと言えるだろう。特にデジタルハイビジョンの普及には、かなり貢献したと言える。偉い偉い。褒めてあげよう。

今回は出場チーム中、五本の指に入る弱さだったが、W杯に出られない国だっていっぱいあるんだ。贅沢言っちゃイカン。特に家電メーカーの人は、「よくやった」と言わねば罰が当たるだろう。(酒屋さんは文句言ってもヨシ)

それにしても、もう6月下旬だというのに気温が上がらないねー。とても過ごしやすくて助かるけど、ビール会社はけっこう影響受けてるんじゃないの? 特にキリンさんは、首をながぁーーーくして暑くなるのを待っているだろう。

負けT

負けT adios (・ω・)/
これはパロディーなので非売品です。