2006年ドイツ大会

NHK W杯テーマソングの空耳アワー

2006年7月3日

まともに聴いたことはないが、実に変な歌である。なんでこんな歌をNHKは採用したのだろう?

ベリ セコー
ベリ セコー
なんとか なぁーって フル回転

・・・中略・・・

※おーおおっ おっおー
※おーおおっ おっおー

うぎゃっ 宇宙人
カッパの 宇宙人
かなりキモイぜっ

※くりかえし

ORANGE RANGE/チャンピオーネ

曲名:チャンピオーネ
歌:ORANGE RANGE

2006 FIFA ワールドカップ NHK放送テーマソング

歌詞を読んでも何が言いたいのかサッパリわからなかった。「みんなで口ずさめるような応援歌になって欲しいですね」なんて書いてあるが、こんなの覚えられるワケねーだろ、ボケっ。ふざけんなよNHK。こっちは金払ってるんだぜ!

アタシがどうすればいいか教えてやろう。視聴率が取れる番組のテーマソングは、宣伝料を入札させればいいんだ。そして、一番高い入札金額をつけた曲を採用する。要するにCMだな。そうすればNHKの受信料をもっと安くできるだろう。

今回は仕方ないとして、次回ワールドカップの対策を考えてみよう。

妄想ニュース

ワールドカップのテーマソングを歌う権利を歌手の北島三郎さんが獲得しました。入札金額はおよそ7千万円と発表され、過去最高額を記録しています。

曲名は「アフリカの女(ひと)」

はーるばる 来たぜ アーフリカー♪