2006年ドイツ大会

nakata.net 読めたよ

2006年7月4日

アクセスの集中で、きのうの晩は読めなかったが、今は引退表明のメールを読むことができる。

nakata.net より

責任を負って戦うことの尊さに、大きな感動を覚えながらも
子供のころに持っていたボールに対する瑞々しい感情は失われていった。

ナカタは責任の重さを自覚していたようだ。日本のトップ選手として、それから日本代表のキャプテンとして。サッカー日本代表が情けない負け方をすると、日本経済に悪影響を及ぼすことをナカタは知っていたのだ。

それからもうひとり、川口も知っていたと思う。だが、他の選手は自分のことで精一杯か、修学旅行気分だった。ナカタが何を言ったか知らないが、オーストラリア戦では孤立する場面が多く活躍できなかった。<ナカタ害>なんかしている場合じゃないのに・・・

そこでナカタはクロアチア戦の前に焼き肉パーティーを企画したらしい。店を貸し切ってチーム全員を街に連れ出したのだ。(このとき中村だけはカゼで欠席したと報道された)

「この大事なときにカゼかよ? ただの馬鹿じゃねーか、ナカムラ」

うちの母もサッカーのことなどまるでわからないが、こんなことを言った。

「トルシエ監督が中村を選ばなかったのは正解だったね」

おそらくこれは真理である。テレビゲームに夢中になっている選手がいたという話だが、それは多分ナカムラのことだろう。ナカタに怒鳴られたのも、きっとナカムラに違いない。