2006年ドイツ大会

アルゼンチン寿司

2006年7月7日

3位決定戦のドイツ―ポルトガル戦(8日)は、日本の上川主審と広嶋副審が担当する。それから、ドイツはカーンを出すらしい。そうか、そうか。カーンを久しぶりに見られるんだ。

今大会でゴールキーパーは誰がベストだろう? PK戦を勝ち上がったレーマン(ドイツ)とリカルド(ポルトガル)が目立ったので、ポルトガルが勝てばリカルドだろうか。フランス戦でもジダンの PK がちょっとでも真ん中寄りなら弾き出されていたはずだ。リカルドの読みは完璧に当たっていたから。

PK戦の鬼・リカルド。かなり印象に残った。

それにしてもアルゼンチン・・・もっと見たかったよなー。それが心残りだ。アルゼンチンはドイツ戦でキーパーが怪我をして途中交代。結局それが響いた。サビオラやメッシを出さずに終わってしまうなんて、あまりにももったいない。

サビ抜き、メシ抜きって、それはもう寿司じゃないでしょ。アルゼンチン寿司は、いいネタをたくさん揃えてただけに残念だ。