不思議なランキング

名古屋近辺の喫茶事情

さて、その他の傾向を考えてみると、「名古屋人は外食がとても好き」と言えそうだ。もちろん神奈川県民も外食が多いが、利用する飲食店の傾向はかなり違う。神奈川県民がファミリーレストランを利用する感覚で名古屋人は喫茶店を利用し、ハンバーガー屋に入る感覚でそば屋に入るのである。

それから、神奈川では高齢者の外食がグンと減るのに対し、名古屋・岐阜では高齢者が喫茶店をよく利用していると想像できる。郡上八幡に住むFさんの情報によると、名古屋・岐阜ではお年寄りが喫茶店で赤だし味噌汁付きのモーニングを食べ、コーヒーはまずいと言って残すらしい。

Fさんより

私が知る限りの名古屋・岐阜における「喫茶事情」を報告したいと思います。まずは同僚との会話から・・・

「名古屋より喫茶店は多いよなー」(岐阜の方が)

「少なくともモーニングは充実してる」

「東海3県は特別だぜ!」

「喫茶店のコーヒーチケットなんて、よそにはないらしいよ」

「他県から連れが遊びにくると、喫茶店の多さとモーニングサービスに必ず驚くよな」

「この町(郡上八幡)なんかも、人口の割に喫茶店比率が異常に大きいらしいよ」

確証はありません。ありませんが社内のみんなが一様に喫茶店(に限らず飲食店)の多さとサービスの良さについて、岐阜は凄いと感じてるみたい。具体的に言うと・・・・・

店の数が多い。(これなんかデータ探れそう)

モーニングサービスが充実している。(近所の年寄り連中はモーニングの味噌汁が目当てで集まり、コーヒーはマズイと残す人までいる? 朝飯代わりはあたりまえ)

他県はコーヒーにつまみがついてこないことがある。(県内ではこんな店だれも来ません)

他県の人はコーヒーチケットの存在を知らない人がいる。(常連はお徳なコーヒーチケットを利用するのが当たり前)

ほかにもあるだろうけど、思いつくのは取りあえずこのくらい。名古屋との比較も正確にはわかりませぬ。ただ、東海3県は特別らしいです。機会があれば郡上八幡の「みつば」という喫茶店でモーニングを食べてください。認識が多分変わります。生活への喫茶店の進入度はかなり大きいと推測できるでしょう。

神奈川県ではどうか?

アタシが住む神奈川県の県央地区はどうかと言うと、喫茶店の数が非常に少ない。車を持っている営業マンや学生はデニーズなどのファミリーレストランを利用することが多く、純喫茶には滅多に足を運ばないのだ。(そもそも純喫茶などほとんどない)

お替り自由(セルフサービス)のバーミヤン、GUSTO、Jonathan は特に若者に人気があり、デニーズなどウェイトレスがコーヒーをジャンジャンついでくれる店はどんな世代にも大人気。

東海3県では当たり前のようだが、神奈川でコーヒーチケットを見たことは2度しかない。それに、コーヒーにおつまみがついてくる喫茶店はアタシの知るかぎり1軒もない。喫茶店のマスターと友達になれば別だけどね。

いったい東海3県はどうして喫茶店が多いのだろう? 多いという実態はわかったが、文化的にどう違うのかは未だによくわからない。この件については、あなたなりに考えてほしい。

総務庁・統計局のホームページによると、名古屋・岐阜市の「喫茶好き」と徳島市の「やきとり好き」が目立った。そう言えば、アタシの友達に徳島出身の男がいるが、飲みに行くと必ずやきとりを大量に注文する。

それにしても、名古屋・岐阜の「喫茶好き」は顕著すぎる。なんと、全国平均の3倍近い数字。それから、意外にもカツオ節を大量に使っているのが沖縄県の那覇市だったなんてこともわかった。おそらく沖縄では何にでもカツオ節をふりかけるのだろう。何たって断トツなのだ。

あと、アタシが知っているランキングの謎についてちょっとだけ解説すると、秋田ではキャベツとメロンの消費が多いことがわかるが、秋田ではこのほかに豚肉の消費が多い。

豚カツとくれば当然キャベツだよね。秋田に行ったら豚カツを是非試してちょうだい。他にも名物料理がたくさんあるが、お昼には是非! 地元の人オススメの豚カツ屋に行くべき。安さとボリュームは保証付き。それに、秋田ではメロンが定食に当然のように付いてくる!

さらに、統計資料から名古屋人はすしやうなぎも好きだということがわかる。『ということは日本食一辺倒?』かと思いきや、意外なことに洋食や中華にもかなりの金額を使っているというから不思議だ。いったいどういうことだろう? どうもよくわからない。

要するに、「名古屋人は派手に外食で金を使う」ということではなかろうか。見栄もかなり気にするから、ざるそばより高い天ざるをついつい頼んでしまうのだろう。エビも好物だし・・・

次ページにつづく