ニコちゃん日記(1)

節煙効果

2/4ページ:最初のページ

2001年11月22日

16才から毎日タバコを吸っていると書きましたが、初めて吸ったのは14才の時です。当時は、まだタバコの銘柄が少なく、せいぜい20種類ぐらいしかなかったと記憶しています。みなさんダウンタウン・ブギウギバンドの“スモーキン・ブギ”をご存知ですよね。アタシの場合は、宇崎竜童と同じく、ショートピースが初めてのタバコでした。

♪初めて試したタバコは ショート・ピース(スー・パッパ)♪

♪オヤジの真似して きどぉーって ちょっとポーズ(スー・パッパ)♪

現在 JT がどれだけの銘柄を出しているか知りたいなら、下のページを見てください。

http://www.jtnet.ad.jp/WWW/JT/JTI/shohin.html

上記のページで、ちょっとショート・ピースについて調べてみました。このタバコは、現在販売されているタバコの中で、ニコチンやタールを最も多く含むタバコです。

発売年月日:1946(昭和21年)1月10日

タール:24mg

ニコチン:2.4mg

本数:10本 定価:130円

※当時の値段は50円で、ベストセラーのハイライトは80円(20本)でした。

ちょっと、今吸っているタバコと比較してみましょう。ここ8年ほど吸い続けているタバコは、マイルドセブン・スーパーライトです。

発売年月日:1989(平成元年)7月1日

タール:6mg

ニコチン:0.5mg

本数:20本  定価:250円

※現在、このニコチン量で、ちょうど1日20本ほど吸っています。

さて、それではここで『禁煙してみよう』と思ったキッカケを箇条書きにしてみましょう。

1. タバコの値上げが近いうちにありそうだから

2. 煙草の吸いすぎによる、二次性多血症が心配(と言うより、既に…)

3. 最近、風邪をひいていなくても咳がひどい

4. ニコレットのコマーシャルを見て興味を持った

二次性多血症というのは、タバコの吸いすぎや脱水症状で血が濃くなる(ドロドロする)症状です。その結果、血流が悪くなり、心筋梗塞や脳血管障害を引き起こすのですが、最近この症状で西城秀樹が倒れ、入院しました。

西城秀樹と言えば、YMCA でしょうか。でも、アタシが真っ先に口ずさんだのは、この歌でした。

♪やめろっ! と 言われってもー♪

♪今でっは 遅すぎたぁー♪

怖いですねぇー。肺ガンに冒されたヒデキがこの歌を歌ったら・・・。この歌のタイトルは“激しい恋”というのですが、知らない人が多いかもしれません。1974年、デビュー3年目の作品で、かなりヒットした曲です。聴いてみたい人は、下のページへどうぞ。

http://www.earth-corp.co.jp/HIDEKI/

それから、こんな歌もありましたね。“情熱の嵐”

♪君が 望むなら(タバコ!)命をあげても いい(タバコー!)♪

今日はニコレット6個で夜まで禁煙できたのですが、“禁断症状の嵐”が吹き荒れて、就寝間際に残っていたスーパーライトを1本吸ってしまいました。

うまかったです!