中禅寺レポート

さて2日目は?

1997年4月30日

4月30日も朝のうちは晴れだった。2人は4時に起きてボートを出し、歌ヶ浜の沖合からトローリングを開始。有名なポイント、フランス大使館別荘前から本ツガにかけては特に念入りに何度も行き来した。

本ツガ

しかし、魚は確かにいるのになかなか釣れない。いつもの年ならここで必ず釣れるというのだが、どうもおかしい。解禁日(4月20日)にはレッドコア5色で13匹も釣れたというのに昨日も今日もサッパリなのである。キャプテンはこの場所に相当思い入れがあるようだったが、どうしても釣れないので国道沿いの方に向かうことになった。

ベルギー大使館別荘左の緑屋根はベルギー大使館別荘らしい。フランス大使館別荘は木立に囲まれて湖からは良く見えない。

今までにない水温の高さにキャプテンは驚いていた。朝だというのに水温が6度近いのだ。芦ノ湖に比べれば随分低い水温だが、中禅寺湖の水温としてはこれでも平年より2度近く高いらしい。Tomy は今までに試したパターンを全て捨て、シンカー+ペラを試すことにする。

そして…、待望のアタリ!

ポンプ小屋の沖合でターンしようとスピードを上げた瞬間、シンカーを付けた竿が絞り込まれたのだ。2日目にしてようやく Tomy はホンマス25センチをネットに収めることができた。

2年魚ホンマスはヒメマスより、かなり下にいたのである。50号のシンカーを付けてラインを21m出していたから、多分14〜15mの間でヒットしたのだろう。

ほとんどこの水深に魚影を確認することはなかったのだが、今までのパターンを全て捨てたのが良かったのかもしれない。

偶然性の強いヒットだが、良しとしなければ…。小さいながらもホンマスだからコイツは味見のためにキープだ。

その後2人はきのう釣りそこねたブラウンを求めて勇助和田に向かった。上野島から大日崎を丁寧に探るとやはりブラウンがキタッ!

キャプテン今度はキャプテンがランディングに成功。朝飯前としてはまあまあの釣果だろう。大して釣れなかったが、他の人はもっと釣れていなかったらしい。

連休中と言っても30日だから、この日は釣り人が極端に少なかった。したがって釣れるパターンは自力で探るしか方法がなく、みんな相当苦労したのである。たくさんボートが出ている日なら双眼鏡で他のボートの釣れ具合を観察することもできるのだが・・・。

中禅寺は本当にシビアな湖だから滞在は少なくても2日必要だろう。パターンをつかむのだけでも本当に苦労する。『確実に釣りたい』あるいは『たくさん釣りたい』と思う人は芦ノ湖にした方が良さそうだ。芦ノ湖でさんざんマスを釣ってきた人が3ヶ月通ってやっとホンマスを釣り上げたという話しもあるぐらいだからね。

だが、今回の中禅寺湖釣行で Tomy は新しいレイク・トローリングの魅力を発見できたような気がする。中禅寺は魚の数も少ないが人も少なくていい。それに、少なくとも中禅寺の方が夢が大きく持てる。物凄い大物が湖底に潜んでいる気配があるのだ。事実、キャプテンは1メートルを越えるレイクトラウトを3時間がかりで釣り上げたことがあると言っていた。

さて、今回の釣り日誌もそろそろ終わりだ。午後は雨が降ってきたので夕マズメまで粘ることができなかったのである。それに、ちょっと風が強いこともあってレイク狙いの超低速引きもできなかった。大物釣りの楽しみは次回に持ち越しということになったが、それもいいだろう。少なくても大物が釣れるまで ASHINOKO ONLINE が長続きするのだから・・・。

最後のページで釣り情報をまとめます。