芦ノ湖のバスは手強い

1997年5月22日

今回の釣り日誌は、近所に住んでいるニャン吉に任せることにします。中禅寺湖に行く支度で猫の手も借りたい忙しさなんですよ。それじゃニャン吉、頼んだぞ!

こんにちは、ぼくニャン吉です。

(`⊥´)/

きょうは船長の代りに釣り日誌を書きます。船長、とても忙しいんですって。ごほうびにネコ缶をくれるというのでお手伝いをすることにしました。

船長はぼくのために、ご覧のようにゃコンピューターを作ってくれたのです。これは Power Book 285 という開発中のマシンで、コードネームは“ニャーゴ”といいます。ぼくでも使える超簡単にゃコンピューターにゃんですよ。だからぼくはマイクに向かってただしゃべるだけでいいのです。

ボタンは2つしかにゃくて、ニャホン語ボタンとJボタンを切り換えて翻訳します。翻訳ソフトはネットサーフ NYAN to J。HTML への書き出しはネコリス・ホームページを使います。まだ完全に日本語にニャリませんが、ちょっと我慢して下さい。それでは早速、5月17日の釣り日誌をはじめましょう。

この日は朝の3時過ぎに DADA さんが Tomy 船長の家に着きました。ぼくと DADA さんは船長の車に乗って小田原厚木道路へ。2人は Mac 使いにゃので車の中では Mac の話ばかりしていました。

「PageMill は遅くて困る」とか、「今度のイラストレーター7.0はいいらしいぞ」とか、そんにゃ話ばかりで、ぼくは話しに加わるスキがありませんでした。まったくこの2人は初対面とは思えにゃいほど、話が合うんですよ。

Tomy 船長がイラストレーターもフォトショップも、マニュアルは最初の2ページしか読んでいにゃいと言うと、けっこう DADA さんは驚いてましたね。みにゃさんもフォトショップやイラストレーターを半年ぐらい使っていれば、きっと使えるようにニャルと思います。にゃにしろマニュアル嫌いの Tomy 船長でさえ使えるんですから。