幻の魚キザキマスを追え!

木崎湖のポイント

1997年6月7日

木崎湖ポイントマップ(Flash)

まず見てもらいたいのは木崎湖の形だ。北に進むほど幅が広くなるが、くびれているところまでは浅くて、深くても8メートルぐらいだった。しかし、北側はかなり深く、水深25〜29mのところが多かった。シャローの面積は少ないので、バスを釣るなら、かなり場所が絞り込まれるだろう。

Tomy と KEN 坊は長野道の梓川サービスエリアで落ち合って木崎湖には5時半頃着いたのだが、ココの漁協は魚をあまり積極的に釣らせようという気がないのか、出船は7時00分まで御法度なのだそうだ。仕方がないので桟橋周りでオカッパリをしばらくやっていたのだが、バスはスレていてなかなか釣れない。

スポーニングベッドがいくつか見えるが、そこに付いているバスはルアーを見てもほとんど関心を示さないのだ。Tomy はこういう釣りがまったく苦手。食い気がない魚を無理矢理釣るのはあまり好きじゃない。そんなこと言ってるからバスは苦手なんだけどね。昔あまりにも簡単にバスを釣っていたので今のバス釣りはどうしてもなじめない。

しかし、そんなキビシイ状況の中でも KEN 坊は頑張っていた。Tomy は半ばあきらめ気味にキャストをしていたのだが、KEN坊の気合は違っていたのだ。ラバージグを丁寧にボートとボートの隙間にキャストして、カーブフォールでボートの真下を攻めている。彼にとってはインターネット・デビューなので、気合が入っているようだった。

そして…、遂に KEN 坊フィッシュ・オン!

「せんちょー! きました」

Tomy が振り返ると KEN 坊のロッドが満月に…、そしてその3秒後、KEN 坊痛恨のラインブレイク。あまりにも早業である。カメラを構える時間さえなかった。逃がした魚は大きいと言うが、KEN 坊は40センチはあったと言うので信用することにしよう。

結局オカッパリは失敗で、いよいよボートの出船時間を迎えた。