猫がシイラ釣りに挑戦!

1997年8月9日

今日はニャン吉が船長に代わって釣り日誌を書きます。命がけの死闘、相模湾のシイラ釣りをお楽しみ下さい。

みにゃさんゴキゲンいかがですか? ニャン吉です。

(`⊥´)/

今日は船長に連れられて平塚の庄治郎丸にお邪魔しました。ぼくも船長のハニャシを聞いてシイラを釣ってみたくニャッタのです。真夏の BIG GAME 相模湾のシイラにぼくもいよいよ挑戦する時がきました。

この日のために、ぼくはねこ立て伏せを毎日100回ずつやったのです。だからもう大丈夫! ペンペンシイラにゃら何とかニャルと思うのですよ。人間様にとって、ペンペンはあまり魅力がニャイかもしれませんが、体重6キロのぼくにとっては大物ニャのです。

やるかやられるかの壮絶ニャ世界。ペンペンはぼくにとって海の野獣そのものです。タックルもそれにゃりの物を用意しニャければにゃりません! ではここで今回船長が開発した猫用のタックルを簡単に説明しましょう。まだ市販される予定はニャイのですが、カニャリ完成度は高いです。

では、実際の釣り方をご覧に入れましょう。