ちーばす隊の逆襲

とにかく無事に終った

1997年11月1日

タマ吉君しかし、2時を回った頃、ようやく2度目のチャンスが巡ってきた。ノーバイトの2人は場所を代わってもらって船尾に移動。再び海ホタル・パーキングエリアの沖に戻ったところで、やる気のある群に遭遇できた。

ここでまずタマ吉君がジグで釣り上げた。残るボウズは Tomy ただひとり。Tomy にもアタリはあるのだが、なかなか乗らない。ここの水深は20メートル以上あるのに、アタリは7メートルぐらいで頻繁にある。そこで、Tomy とキャプテンはバイブレーション・プラグを試してみることにした。

すると、これが大当たり。しばらくはバイブレーションで入れ食いになった。よく見ると水面の近くをサッパかコハダのような小魚が泳いでいて、その泳ぎがバイブレーション・プラグにそっくりだったのである。バイブレーションさえ使えばもうバホバホだった。

やりました! 

この日の中山丸には25人ぐらい乗っていた。しかし、バイブレーションプラグを持っていたのは Tomy 達だけ。他の人達が1匹も釣れないのに、7人はここで2本から5本ぐらい釣ることができた。バイブレーション・プラグ様々だね。

初挑戦でこれは立派7人でおよそ70匹、そのうち25匹ほどをキープした。。数はまあまあというところだろうか。しかし、この日は型が40センチ以上ばかりだったのでとても面白かった。

シーバス釣りに初参加の釣る姫さんも最後にご覧のような見事なサイズを上げて得意満面。きのうは「千葉じゃなきゃ行かない」なんて言ったくせに、「来てよかった」だって…。

最近はバイブレーションプラグもだんだん海用に改良されて重くなってきている。ジギングの船でもバイブレーションプラグは是非用意したいものだ。

引き方は簡単。逃げ惑う小魚を演出するのだから、ある程度沈めて思いっきり早引きすればいい。ガツンときたら、あとはラインを緩めずにグングン引き寄せる。

フックはがまかつのバーブレスにすべて交換するといいだろう。1本100円ぐらいするが、フッキングと耐久性が良くなるから結局は得をする。

シーバス釣りは今後も企画するのでこれを読んだ皆さんも参加してみてはいかがでしょう? 特に12月13日の忘年会では今回使った中山丸を仕立てることになっている。きっと釣れるよ。

シーバスもなかなか面白いです。