それぞれのスーパードリーム

隣の壁じゃない!

3/12ページ:最初のページ

実はこのシーンの記述を訂正しなければならない。発表した途端、スーパードリームカップに同行したガッツ船長からメッセージをもらったのだ。それでは本当のストーリーをどうぞ!

飛雄馬は・・・隣りの壁じゃなく、外の木にボールを当てていたのだ・・・それを川上監督が見て、おどろきつつバットを取り出し・・・飛雄馬へ打ち返したのだった・・・・(それにしても、なんでバット持っとんねん?)

「と・とうちゃん。今誰かがこのボールを打ち返した!」(飛雄馬)

「なに?」(一徹)

だれだ! だれもいない。でも確かに・・・」(飛雄馬)

「そんなことができるのはヤツしかおらん・・・」(一徹)

『川上だ! 川上哲治に違いない!』

しかし、木の方が壁より凸凹しているから難しいと思うんだよね。

それに…

バットで打ち返そうと考える川上監督もオバカじゃない。

うーん。

だけど、ギャグ漫画寸前のシリアスなストーリーは独特なものがある。改めて【巨人の星】のスゴサを垣間見た思いがするね。「パロッてください」「茶化してください」と言わんばかりのストーリーなんて、なかなか書けるものじゃない。

バットじゃない!

何と! 全部書き終わってホッとしたのもつかの間、訂正の訂正が必要になってしまった。これを読んだ mahi2 君によると・・・

「隣の壁じゃない!」についてですが…

飛雄馬は隣りの壁じゃなく、外の木にボールを当てていたのだ・・・それを川上監督が見て、おどろきつつバットを取り出し・・・(なんでバット持っとんねん?)

この件に関してさらに補足しますと、川上監督は足元に落ちていた棒っ切れを拾ってボールを打ち返し、更に一徹がそのボールをキャッチしたのです。

さすがに30年前の記憶となると、みんないい加減。
中でも Tomy の記憶が一番いい加減だった。