芦ノ湖のフライフィッシング

1998年4月11日

まず、朝はブラウン狙いとかで三本杉というポイントに行きました。本当は早川沖の方が確実ニャンだけど、レインボーのポイントだから後回しにしたんです。ゾンカーというウサギの毛を使ったフライを使うんですが、ここでは全然釣れませんでした。

いいかげん時間が経ってから2回ずつアタリがあったけど、ふたりは「食いが浅い!」にゃんて言ってましたね。仕方ニャイので今度はトローリングをしにゃがら観光をすることにしました。すごく天気が良かったもんで…

立岩の沖から禁漁区のブイ際を流していたんですが、今日は百貫ノ鼻から箒ノ鼻にかけて群がいました。船長は箒ノ鼻でちっこいアマゴを釣り上げてましたよ。最初はヒメマスかと思ったんですが、まだヒメマスの群は見当たらにゃいようです。

9時半には成蹊沖にアンカーを入れてもう一度フライフィッシング。ここでも数回ずつアタリがあったんですけど、またしても空振り。魚の元気がイマイチにゃのかニャ?

周りもあんまり釣れていにゃいので、ちょっと早いけどお昼御飯。いしわたさん達と落ち合ってハニャシをしました。そうしたら、いしわたさんのお友達が50センチのブラウンをハーリングで上げたそうです。うらやましぃー!

ブラウンは最近狙っても全然釣れにゃいんですよね。沖を回遊しているのが多いから狙って釣るのは難しいんですって。その他にも隣のボート屋の常連さんが50センチのブラウンを上げたと言っていたけど、これは多分3月27日の放流魚です。1.5から2キロクラスを1.5トン放流したらしいよ。

放流直後はルアーを追わにゃかったけど、ようやく元気を取り戻したのでしょう。しばらくチャンスが続くかもしれません。頑張らねば!

50センチ昼食後はまたトローリング。すると、マリーニャ沖で50センチのブタマスをキャッチすることができました。これはとてもラッキーでしたね。ほんとにラッキーとしか言い様がありません。

でも、トローリングにはまだ時期が早いかニャ? 回遊待ちのキャスティングの方が今は成績がいいようです。

去年までニャら魚は湖から溢れるほどいましたが、今年はそんにゃにいません。水深10メートル前後で回遊しているのがほとんどだから、沖の方はアマゴ以外あんまりイニャイのです。

船長は寝不足でお昼寝モード。その間、kattz さんの運転で僕ものんびりしていました。その後、3時頃からは回遊待ちの人達に釣れはじめたのを見て、最後は早川沖でキャスティングです。3時半頃からボチボチ釣れはじめ、4時から4時半は最高でしたね。

絶好調のkattzさんkattz さんは30分で4匹上げたかニャ? 船長はフライロッドを車に仕舞ってしまったからアタリだけしか味わえにゃかったけど・・・

どうやら朝より夕方の方が今はいいようです。午後から来ても面白いと思いますよ。時間は3時から5時までと短いですが、タイプ2のラインで結構楽しめるでしょう。タイプ1やフローティングでも夕方の30分はいけますね。

午前中で帰ってしまう人も多いけど、逆に朝は寝ていて午後から行くという手もあると思います。場所はやはり早川沖が最高。Kattz さんはいつも箱根湾からの出船だけど、来週も早川沖に来るそうですよ。

そう言えばノザキのボートもわざわざ遠出して早川沖に来ているもんね。Kattz さんの話では今年の元箱根はイマイチですって。芦ノ湖もこれからは湖尻がメジャーかにゃ?

箱根新道を通れば往復500円余計にかかるし、帰りは料金所で渋滞でしょ。箱根湾や元箱根は駐車場も少にゃいしね。それに比べたら湖尻はいいよ。裏道を通って帰れば新道を下るより土日は1時間も早いんです。ウソだと思ったら裏道情報ってとこを読んで書いてある通りにしてみ! 絶対湖尻がお得だってことがわかるから。

今日はこれで終わるけど、最後に題名【英語って便利】の解説をしましょう。さっきマリーナ沖でブタマスをキャッチしたって書いたでしょ。あれはね、弱っていた魚を見つけたんで網ですくったのです。みんにゃは釣ったと思ったでしょうが、そこが英語のマジックにゃんだニャ!

キャッチにはちがいにゃいけどね・・・

ブタマスは天の恵み。バター焼きでありがたくいただきました。