芦ノ湖のマス釣り

1998年4月18日

水浸し4月18日土曜日、芦ノ湖の天気は曇りのち雨、夕方には雷雨という予報。この日はひとりでフライフィッシングをする予定だったが、ソル男さんの飛び入りでふたりの釣行となった。ご覧のように芦ノ湖の水かさは見たこともないほど増えている。これは完全な満水状態と言えるだろう。

オカッパリの人が立ち込んでいるところは数日前まで水が無かったところなのだ。だから釣れる可能性はほとんどない。多分オカッパリの人はボウズが多かったと思う。そんなこととも知らず、1日中棒を振っていた人がいたかもしれないね。

“1日を棒に振る”とはまさにそういう状態を言うのである。

Tomy とソル男さんは午前5時30分、予定通り早川沖に向け霧の中へ吸い込まれていった。しかし、50メートル先が見えない状況で、最初は見当外れの七里ヶ浜にたどり着いてしまう。

岸沿いに逆戻り、最初は早川沖水深9メートルにアンカーを下ろした。Tomy はタイプ3ユニフォームシンクラインで羽虫を投げる。そしてソル男さんはバスロッドで8グラムのさじを投げた。

魚の気配は濃厚で、ときどき近くでマスがボイルする。しかし、朝のうちはまったく釣れず、霧が晴れるまでは音無しが続いた。周りもほとんど釣れていないらしい。7時頃になると移動する人も出始め、『平日みたい』と思うほどボートがまばらになった。水面は鏡のようで、さざ波さえ立たない。

早朝に釣れないのは毎度のことだが8時を過ぎてもまぁ〜だ釣れなかった。いいかげんキャストにも疲れて目が回りはじめる。

とりあえず1丁そんなとき、突然ソル男さんのロッドが曲がって「ヒット!」の声。レギュラーサイズだが、なかなかいい引きを見せてニジマスが上がってきた。

先にソル男さんがボウズを脱出だ。使っていたのは青/白の分厚いティアドロップ型さじ。『今日はこれがいいみたい…』

だいたい解禁当初は赤/金が定番だが、その後は青系・緑系が良くなってくる。いつまでもバカのひとつ覚えで赤/金を投げ続けても釣果は上がらない。ルアーの場合はカラーローテーションを頻繁に心掛けたほうがいいのである。

Tomy の方はどうだったかというと、羽虫をローテーションしようにも肝心の羽虫がほとんどいなかった。もう、ずいぶん前に巻いた古いやつを持ってきただけだったのだ。スティールヘッド用のストリーマーはデカイし、マラブーが付いていないからピラピラしやしない。芦ノ湖のマスを釣るなら、やっぱりマラブーを使わなきゃ。

こんな状態では東北遠征も危ぶまれる。この日誌を書き終わったら早速フライを巻くぞ! 今日の日誌は短く切り上げねば。

さてと、10時頃になってようやく1本釣れたのだが、フッキングが甘くて結局はバラシてしまった。まあ、引きは十分味わったけれど…。

周りでもボチボチ釣れはじめ、いい人は1時間で4,5本釣り上げていたな。多分アオミドロでも使っていたのだろう。『アオミドロを巻いてくればよかった』とちょっと後悔する。

11時頃、先週同行した kattz さんが早川沖に姿を見せたので近寄っていくと、やはり1匹しか釣れていないと浮かない顔。どうも芦ノ湖のマスはおねぼうでいけない。

実は kattz さんから Post Pet をもらえる約束だったので早川沖でずぅ〜っと待っていたのだ。Post Pet は3,600円ぐらいするが、1つのパッケージに CD-ROM が2枚入っているんだな。kattz さんの場合、カッチンという亀がメールの運び役。そして、Tomy のメールを運ぶのが赤猫とまとなのだ。

赤猫とまとはお試し版で飼いはじめたのだが、あと1週間の命を宣告されていたのだ。危ないところを助けてくれて、kattz さんどうもありがとう。あなたは赤猫とまとの命の恩人だよ。

(`⊥´)/

その後はバスロッドにドジャーを付けてのライト・トローリングをすることになった。七里ヶ浜沖でトローリングを始めた途端にソル男さんがまず1本。その後もソル男さんのアワビルアーが好調で、さらに2本を追加することができた。

今の時期はヒットゾーンが水面下1メートルちょっと、だからレッドコア・ラインを使う必要はない。ハーリングの人にもけっこう釣れているようだった。

湖尻の湾内を3周ぐらいして再び kattz さんに様子を聞きに行くと、12時からの1時間で5匹も釣れたという。今日はこの時間帯が最も釣れたようだ。だからいつも通りにお昼御飯を食べた人は大事なチャンスを逃がしていたのかも・・・

本当にマスの食いが立つ時間帯は予想しにくいんだよね。海なら上げ三分とか、下げっぱなとか、ある程度予想もできるけど。

さらに2時頃からは早川沖でキャスティング。Tomy はラインをタイプ2に変え、ゾンカーでようやくレギュラーサイズをゲットした。12番ぐらいの小さなフライならもっと釣れていただろうけど・・・

ブラウンマスその間にソル男さんはまたしても青/白のさじで2匹を追加。今日はフライよりルアーの方が良かったのかな?

また疲れてきたのでライト・トローリングをしていたら、今度はご覧のブラウンマスを運良くキャッチすることができた。キャッチの意味については前回お話ししたので省略するが、どうもこれはクセになりそう。まるでハイエナのようだ。

ハイエナで思い出したけど、パチンコ屋さんにもハイエナはよく出没するらしいよ。たくさん玉を飲み込んだ台を狙ってウロチョロしているのがハイエナね。

勝つ確率は高いらしいけど、見た目はあまり良くない戦法だな。ライオンが油断したすきに、サクッと獲物を横取りする感じ。ハイエナとはよく言ったものだよ。

さて、日もだいぶ傾いて最後のキャスティングに移った。しかし、ここで痛いミスが・・・

ティペットにひとつだけウィンドノットができていたのだが、『どうせ小物ばかりだから大丈夫』と思ったのがいけなかった。“ズンッ!”という重い手ごたえがあり、30センチぐらい鋭くラインをもっていかれてラインが水中に突き刺さったのだ。

鋭くアワセを入れたのだが、それが魚のターンと重なってカウンターパンチ。何ともあっさりアワセ切れをしてしまった。タフロンハイパーの1.5号だからウィンドノットさえなければ切れなかったと思うが・・・

手ごたえからしてヤツは大物に違いなかった。いつもなら気がついた時点でティペットを交換しているのだが、30時間以上も寝ていなかったから面倒くさくなっていたんだ。皆さんも注意しましょう。トホホ…

おかげでこの前62センチを釣り上げたラッキーなゾンカーは芦ノ湖の藻くず。同じ物を巻きたい人のために作り方を説明すると、フックは#10でシャンクは4XL。けっこう大物が来るのでフックはしっかりしたラウンドタイプを選ぼう。

オススメなのは Daiichi 2220。このフック、見る人が見れば『いかにも釣れそう』と感じるはず。あまり有名ではないが海外での評価は高いらしい。(サンスイなら手に入るよ)

ボディーは銀のマイラーチューブでラビットファーはライトオリーブ。ギルにちょっとだけスカーレットのマラブーを付ける。

巻き方のポイントとしては、ラビットファーを思いっきり引っ張って付けることだろう。そうするとファーがまばらになって濡らしたとき背中が出っ張らないのだ。濡らすとほぼペッタンコになるのだが、実際に当たるフライなので試してほしい。

皆さんの健闘を祈って今回は終了だ。