そんな ばなな ボート

ノッコマズ真鯛

1998年4月25日

今回のターゲットはマダイです。例年なら今ごろがノッコミの時期で、とうしろう軍団でも大ダイを釣ることができるかもしれません。隊長のなまむぎさんは1カ月半も前に予約を入れていました。メンバーは総勢15名。大人数なのでメンバー紹介のためにスライドショーを作りました。ボタンを押してご覧ください。

メンバー紹介の最後に“助っ人”桃さんが出てきますが、この人は棒面丸に毎週乗っているマダイ釣りのエキスパートです。桃さんとなまむぎ隊長以外は、ほとんどとうしろうですが、隊長が作ってくれたノッコミマダイの釣り方をみんな頭にたたき込んできました。果たしてどうなるのでしょう?

それではここでマダイ釣りの仕掛けと釣り方をご覧に入れましょう。

マダイ釣り方(なまむぎ作)

マダイの釣り方

さあ、準備が整って午前5時、小雨模様の松輪港から棒面丸ははち切れんばかりの期待を乗せて出ていきました。船べりには真新しい仕掛けがズラリ! それはもう、釣れなかったら怒るよって感じでした。

しかし、あいにく風が強く、うねりも2メートルという不吉な予報。沖釣り初心者も何人かいるので船酔いが予想されます。Tomy は前日に歌を作っていたのですが、見事に予想が当たってしまうとは・・・。