ピンクレディー ナイト

ことの成り行き

新明丸いやはやいやはや、今回はアナゴ釣りだったんですけどね。またまた湘南ロケッツの面々はヘボってしまいました。続けて読んでいる人は歌の意味がわかると思うのですが、初めての人がいるかもしれないので、ちょっと解説しておきましょう。

話は3話前のタイ釣りにさかのぼります。

このときの隊長なまむぎさんはマダイ釣りにみんなを誘っておいて、自分は早々と船酔いで戦死したのでした。そろそろノッコミというフレコミだったのですが、実際は強風で船が大揺れ、タイ釣り船は隊員達の棺桶と化したのです。

そして、迎えた今回。ゴールデン・ウィークには「当たり外れの少ないアナゴ釣りに行こう!」と言い出したなまむぎさん。今日は地元鶴見の新明丸にメンバーを誘い出しました。

メンバーはなまむぎさんの他に腹Timerさん、Yos さん、桃さん、そして Tomy の5名。腹Timerさんを除けば、みんなタイ釣りにも参加したメンバーです。

アナゴの誘い方(QT Object Movie)

出船は夕方の5時半。今回乗った船は新造船でモノスゴク早いのですが、行ったポイントが千葉県の木更津沖ですから、釣り開始は6時15分ぐらいでした。仕掛けの QT Object Movie は見られますか? 画面の端にカーソルを置いて、←が出たらプレス&ドラッグしてみてください。

釣り鐘オモリの上にケミホタルが付いていて、その下に蛍光パイプをかぶせたハリスが2本付いています。ちなみにハリは丈夫なウナギ針でした。ご覧のようにオモリで海底を小突いてアナゴを誘うのです。エサは垂らしをほとんど出さず、なるべく太い青イソメを団子状に付けてやるのがコツみたいですよ。

さて、第1投。Tomy はバスロッドに ABU5000 をいうタックルで仕掛けを投入しました。すると、ものの1分で1匹目が釣れました。船中の誰よりも1匹目は早かったですね。それに遅れること30秒で、後ろにいた Yos さんにも1匹掛かりました。真っ暗になる前の一時が最初のチャンスみたいです。

ひとり気を吐く隊長しかし、その後はほとんどアタリがありませんでした。どんなに一生懸命誘いをかけてもまったくダメなんです。桃さんが3匹立て続けに釣ったので『食い気が出てきたかな?』と一瞬喜びましたが、それっきりですもん。

結局、腹Timerさんが4匹。Tomy と桃さんが3匹、Yos さんは最初の1匹で終了の9時40分を迎えてしまいました。

今日は小潮だったので潮がほとんど動かなかったのです。多分それが敗因だと思いますけどね。

慌てたなまむぎさんは二刀流でみんなの分をカバーしようと必死でした。最大の50センチ級を含めて何とか6匹と大健闘。竿頭になった人が10匹なので良くやった方でしょう。

それにしてもシンドイ釣りでした。アタリを楽しむ釣りでアタリがないんですから…。かなりフラストレーションがたまりましたぞ。

なまむぎさんが「自分はいいから」と言って少しずつ隊員にアナゴを分けてくれたので、何とかオカズになるぐらいお土産ができましたけど、寂しい釣果になって残念です。

たくさん釣れてもご覧のように船上でアナゴをさばいてもらえるから楽なんですよ。次はもうちょっと潮のいい日を選ばないといけないな。

それでは最後に Yo sさんの嘆きをピンクレディーの歌に乗せて
お送りしましょう。題して♪アナゴ釣り シンド BAD♪